全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 由布市徘徊模擬訓練ボランティア

学校からのお知らせ

由布市徘徊模擬訓練ボランティア
2016年08月04日

7月31日(日),由布市で3回目となる「徘徊模擬訓練」が行われました。
 この訓練は,捜索届けが出された認知症の人を探すための声かけ訓練です。
 認知症は,85才以上の人で4人に1人が抱えている病気ともいわれ,全国で1万人いるとされています。
 今回,由布高生は13名(3年生)が参加しました。10班に分かれて,架空の認知症の方を捜索します。声かけは,「後ろから大声で言うのでなく,前から優しく」声をかけるなど,注意事項を頭に入れ,訓練開始。わずか45分とはいえ,猛暑の中で高校生は「若さが武器」ということで,走り回りましたが,終了間際にようやく対象の認知症の方を発見することができました。地域の方のおかげで「楽しく」「充実して」訓練を終えることができ,生徒の自然に出てきた「満足な表情と感想」が印象的でした。
 これがきっかけとなり,「高校生の力が地域に活力を与えられる」とうれしいです。