全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 中高連携公開授業(地歴)が行われました!

学校からのお知らせ

中高連携公開授業(地歴)が行われました!
2017年12月12日

12月11日月曜日,中高連携公開授業(地歴)が行われました。臼杵市内の中学校より4名の先生方が来校され,公開授業と研究協議に参加していただきました。6限目に2年1・3組の日本史Bで公開授業を実施。単元は「幕藩体制の確立」。授業の内容は「農業生産の進展」で,教諭の後藤順三先生が実施しました。

後藤先生はKP法(紙芝居プレゼンテーション)という手法に前任校から取り組み,生徒に主体的で能動的な学習態度を育成することをねらいに授業をすすめています。授業の冒頭で必ず,生徒に前時の復習(振り返り)としてプレゼンテーションを行います。その後,全員が時間内に教師から指示された課題に取り組んでいきます。

この授業ではわからないところは,お互いに教え合いながら知識を習得し,その知識を踏まえて思考力・判断力・表現力を身に付けていくという「学び合い」が特徴です。

授業の後は,授業研究と情報交換を行いました。出席された先生からは多くの質問や意見が出され非常に有意義な意見交換となりました。今回の公開授業で本年度の中高連携公開授業は5教科がすべて終了しました。どの教科においても,中学と高校の連携をより強固な連携を行いお互いに授業を参観する等の積極的な情報交換の機運が高まった今年の研究協議でした。