全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 「臼杵の地方創生~歴史と文化のまち~」・・・書籍の贈呈を受けました!

学校からのお知らせ

「臼杵の地方創生~歴史と文化のまち~」・・・書籍の贈呈を受けました!
2017年12月12日

12月11日月曜日,関西学院大学石原俊彦博士を中心とした研究グループが臼杵高校に来校し,書籍50冊の贈呈をいただきました。

書籍は「臼杵の地方創生~歴史と文化のまち~」・・・。石原博士は,臼杵に20数年間訪れて臼杵市の地方創生を研究。この書籍は,石原博士が監修し,編集者に関西学院大学教授の日廻文明さん(前臼杵市総務部長),福山大学の井上直樹さん,著者は松尾さん(熊本県職員)や前川さん(兵庫県淡路市職員)らが寄稿し関西学院大学出版会から発行されています。

贈呈式は,1年生から5名の代表が選ばれ書籍を受け取りました。この代表5名は,現在1年生の総合的な学習の時間で探求活動として取り組んでいる「臼杵いきいきプラン」の各分野(①観光・文化・歴史,②防災・交通・治安,③教育・子育て,④福祉・医療・生活,⑤農林水産業・製造・工業)から選ばれました。

贈呈式の中で石原博士より1名ずつに質問が投げかけられ,生徒達は石原先生の話術と豊かなコミュニケーション力に魅了され話が弾みました。

最後に,藤永校長がお礼の言葉を述べて感謝の意を訪問団に伝えました。

この書籍は,現在の「臼杵いきいきプラン」に参考にさせていただくとともに,より深い学びへの誘引剤として大いに活用させていただきます。図書館には特設コーナーを用意して貸し出すことにしています。これで益々臼杵が大好きに・・・そんな一冊です。

石原博士を始め,この本を寄贈してくださいました編者,著者の皆様方ありがとうございました。心より感謝申し上げます。