全日
普通科
全日
HOME > その他の活動 > 臼高の爽やかな風、臼高の心の元気、『ビタミンQ』(Part5)

その他の活動

臼高の爽やかな風、臼高の心の元気、『ビタミンQ』(Part5)
2015年07月18日

【放送部談】

≪「ビタミンQ」の由来≫

ビタミンは栄養素の総称で、人間が生きていく上で不可欠なものです。

お昼の放送が臼高生にとって欠かせないもの、皆さんの心に元気を与えるものになって欲しいとの思いを込めました。

また、ビタミンQの「Q」ですが、KYUKOUSEI(臼高生)の頭文字のKにすると、実在するビタミンKとなってしまうので、「臼(きゅう)」という音に合わせて「Q」と名付けました。

 

 

【スマイリー談】

放送部員がパーソナリティとなり、毎週火・金の昼休みに臼高の話題を伝えてくれています。

部員自らが探し回って足を運び、直接取材して集めた至宝情報です。

部活動や生徒会活動、学校行事や先生・臼高生の話題、ヒッソリ頑張っている人のこと、臼高生が興味津々となりそうな話題等々、様々な角度の切り口から臼高の隅々までを取材したタイムリーな内容が盛り沢山です。

爽やかなビタミンを注入し、元気を与えてくれる放送部の皆さんに心から言います。

本当に、本当に、ありがとう!!

 

 

【第5回】「お昼の放送(ビタミンQ)」≪放送日:5月19日(火)≫

担当:塩﨑なつみ(3-3)、吉良和優(2-3)

 

時刻は12時35分になりました。

こんにちは。

お昼の校内放送「ビタミンQ」の時間です。

 

最初の話題は看護体験についてです。

5月15日、16日にコスモス病院と別府医療センター附属大分中央看護学校で、一日看護体験実習が行われました。

コスモス病院では、「一日看護師」と「一日助産師・保健師」に分かれて実習がありました。

 

助産師・保健師を体験した 伊藤 鈴菜(いとう すずな)さんは 保健師の方と乳児家庭を訪問し、赤ちゃんの抱っこや着替えをしたそうです。

 

伊藤さんは

「赤ちゃんを抱っこするときに けがをさせてはいけないので、とても緊張しました。助産師は生命の誕生にたずさわる仕事なので、責任重大だと感じました。」

と話してくれました。

実際の仕事を詳しく知ることが出来て、改めて看護の職に就きたいと思ったということです。

 

別府医療センター附属大分中央看護学校では、血圧測定などの、看護師の仕事の体験や妊娠高齢者体験がおこなわれました。

実習に参加した安藤ななみさんは、在学生がどんなことを学ぶのか、説明があったので、看護学校について、詳しく知ることが出来たそうです。

 

安藤さんは

「助産師がすると思っていた沐浴を、看護師がするということに驚きました。体験して、

ますます看護師になりたいと思いました。進路目標を達成できるように、これからも勉強に頑張りたいです。」

と話してくれました。

 

みなさん、進路目標に向けてとてもいい体験ができたようです。今後の勉強に生かしていきたいですね。

 

続いて大分スーパーサイエンスコンソーシアムの話題です。

大分スーパーサイエンスコンソーシアム、通称OSSコンソ(オーエスエスコンソ)とは

「大分県からノーベル賞科学者を!」を合言葉とした科学の分野に貢献する人材の育成プログラムです。

今年度、臼杵高校からは、1年生5人、2年生2人の 計7人が参加しています。

 

先日5月16日に行われたOSSコンソ開始式では、「科学講演会」と活動内容の概要説明がありました。

科学講演会では、筑波大学生命環境科学研究科 特命教授の 渡邊 信(わたなべ まこと)が「夢を追って 藻類とともに歩、未来もはぐくむ」という講演を行いました。

 

2年4組の平山 綾乃(ひらやま あやの)さんは、この講演を聞いて

知らない世界に触れ、新しいことを研究していくことに、関心が持てたそうです。

 

また平山さんは、OSSコンソの活動について

「進路のことで悩んでいるので、他校の意識の高い人と関わって、互いに刺激し合い、いい経験を得られればと思います。OSSコンソを通して、視野を広げ、将来のヒントをたくさん見つけていきたいです。」

と話してくれました。

 

勉強が苦手、嫌いだという人もいると思いますが、

積極的にいろいろな機会を利用して、経験を積み、将来に向かって進んでいきましょう。

 

最後に、サッカー部の話題です。

平成27年度県総合体育大会のサッカー競技は、先日の16日から試合が始まりました。

1回戦は大分雄城台高校と対戦し、延長の末、1対0で勝ち、続く2回戦、藤蔭高校との対戦では10対0で勝利を収めました。

 

3年生の清水雄介(しみず ゆうすけ)さんは、初戦はとても緊張していましたが、試合が進むにつれ緊張がほぐれてきたそうです。

清水さんは

「延長戦の前半に先制し、そこからは絶対にゴールを取らせないという気持ちで、プレーしました。雄城台戦が終わった後は、本当に嬉しかったです。先生方や他の部活動の人が応援に来てくれていたことが、力になりました。」と感謝の言葉を述べていました。

 

今回の大会での目標は「一試合、一試合(ひとしあい)勝つ」ことだそうです。

 

3回戦は来週24日 日曜日 杵築フットサルコートにおいて柳ヶ浦高校と対戦する予定です。サッカー部のみなさん、次の試合も頑張ってください。

 

 

では ここで 天気予報です。

この後の天気は(    )、降水確率は( )パーセント、

日中の最高気温は(  )度の見込みです。

明日は(   )の見込みで よいお天気になりそうです。

 

最後に1曲お送りします。

(                )で(            )です。

それではお聞きください。

 

担当は(塩﨑なつみ)と(吉良和優)でした。

 

写真左から、吉良和優(2-3)、塩﨑なつみ(3-3)

放送部