全日
普通科
全日
HOME > その他の活動 > 臼高の爽風 臼高の活力 臼高の輝く元気『ビタミンQ』(Part5)

その他の活動

臼高の爽風 臼高の活力 臼高の輝く元気『ビタミンQ』(Part5)
2016年09月20日

【放送部 談】

≪「ビタミンQ」の由来≫

ビタミンは栄養素の総称で、人間が生きていく上で不可欠なものです。

お昼の放送が臼高生にとって欠かせないもの、皆さんの心に元気を与えるものになって欲しいとの思いを込めました。

また、ビタミンQの「Q」ですが、KYUKOUSEI(臼高生)の頭文字のKにすると、実在するビタミンKとなってしまうので、「臼(きゅう)」という音に合わせて「Q」と名付けました。

 

 

【スマイリー朝生 談】

放送部員がパーソナリティとなり、毎週、月・木の昼休みに臼高の話題を伝えてくれています。

部員自らが探し回って足を運び、直接取材して集めた至宝情報です。

部活動や生徒会活動、学校行事や先生・臼高生の話題、ヒッソリ頑張っている人のこと、臼高生が興味津々となりそうな話題等々、様々な角度の切り口から臼高の隅々までを取材したタイムリーな内容が盛り沢山です。

爽やかなビタミンを注入し、元気を与えてくれる放送部の皆さんに心から、ありがとう!!

 

 

【第5回】「お昼の放送(ビタミンQ)」≪放送日:5月19日(木)≫

担当:平山綾乃(3-2)、吉良和優(3-1)

 

時刻は12時30分になりました。皆さん、こんにちは。「ビタミンQ」の時間です。

今日は校訓を紹介します。

臼杵高校の校訓は、「誠実 勤勉」です。明治43年に、山本達雄と箕浦勝人によって定められました。その年、「ハレー彗星が地球に落ちるかもしれない」という噂が流れたことで、人々は大きな不安を抱えていました。

そのような時代に定められたこの校訓には、いかなる時でも「冷静沈着さ」と「合理的精神」を忘れてはならないという意味が込められています。

今年は制定から数えて106年目に当たります。戦後、「6・3・3・4制の導入」や「男女共学化」など、教育制度が大きく変わりました。

多くの学校において、校訓も時流に合ったものへと変更を余儀なくされる中で、我が校の校訓が一世紀を超えて受け継がれていることは、その教えがいつの時代にあっても、人として生きる上での大切な心構えである証拠といえます。

この「誠実 勤勉」の額は、戦争などによって失われることもなく、当時のまま今に伝わり、本校の柔剣道場に掲げられています。先輩方が受け継いできた校訓を、私たちも守っていきたいですね。

 

続いて、「臼杵高校の歴史を知ろう!!」特集です。

創立120年を迎える臼杵高校には、様々な歴史や謎があります。そこで、今年も臼杵高校の「F」の謎を紹介する時期になりました。「F」とは男子の夏服の左襟にある刺繍のことです。それなのに、なぜ「F」なのでしょうか?

この「F」には臼杵商業高校と区別するために「普通科」の「ふ」という音からとった・・・という説をはじめとして、ほかにも様々な説があります。しかし、いずれも「F」の由来として決定打には成りませんでした。

校長先生をはじめ、多くの先生方にご協力いただき、この「F」の謎を調査しました。

そして、ある日校長室においてある古いアルバムを調べていたときのこと、臼杵高校の定時制課程のアルバムに写っていた男子生徒の襟には「F」の文字がないことを発見したのです。

つまり、「F」の文字は「フルタイム」の頭文字であり、定時制課程と全日制課程の生徒を見分けるためのものだったのです。

5月18日から制服移行期間がスタートしました。皆さん是非襟元に注目してみて下さい。

 

普段なにげない生活の中や身近なところにまだまだ隠れているかも知れない「臼杵高校の謎」。

その謎やちょっとした気になることをみつけたら、ぜひ放送部にお知らせ下さい。放送部が全力で解明します。

 

では、ここで今日の天気予報です。

この後の天気は( 晴れ )、降水確率は( 10 )パーセント、

日中の最高気温は( 25 )度です。

明日の天気は( 晴れ )、降水確率は( 10 )パーセントです。

 

最後に1曲お送りします。

( スフィア )で( 一分一秒君と僕の )です。

それではお聞きください。

 

担当は( 平山綾乃 と 吉良和優 )でした。

放送部