全日
普通科
全日
HOME > その他の活動 > 臼高の爽やかな風、臼高の心の元気、『ビタミンQ』(Part19)

その他の活動

臼高の爽やかな風、臼高の心の元気、『ビタミンQ』(Part19)
2015年10月21日

【放送部 談】

≪「ビタミンQ」の由来≫

ビタミンは栄養素の総称で、人間が生きていく上で不可欠なものです。

お昼の放送が臼高生にとって欠かせないもの、皆さんの心に元気を与えるものになって欲しいとの思いを込めました。

また、ビタミンQの「Q」ですが、KYUKOUSEI(臼高生)の頭文字のKにすると、実在するビタミンKとなってしまうので、「臼(きゅう)」という音に合わせて「Q」と名付けました。

 

 

【スマイリー朝生 談】

放送部員がパーソナリティとなり、毎週火・金の昼休みに臼高の話題を伝えてくれています。

部員自らが探し回って足を運び、直接取材して集めた至宝情報です。

部活動や生徒会活動、学校行事や先生・臼高生の話題、ヒッソリ頑張っている人のこと、臼高生が興味津々となりそうな話題等々、様々な角度の切り口から臼高の隅々までを取材したタイムリーな内容が盛り沢山です。

爽やかなビタミンを注入し、元気を与えてくれる放送部の皆さんに心から言います。

本当に、本当に、ありがとう!!

 

 

【第19回】「お昼の放送(ビタミンQ)」≪放送日:10月16日(金)≫

 

担当:吉良和優(2-3)、 小野夏津稀(1-4)

 

時刻は12時05分になりました。みなさん、こんにちは「ビタミンQ」の時間です。

 

最初は、今回が最後となる部活動シリーズです。紹介するのは大会直前のサッカー部と女子バレーボール部です。

 

まずはサッカー部です。

今週の土曜日、10月17日から「第94回全国高等学校サッカー選手権大会 大分県大会」が行われます。キャプテンである 3年6組の 木許 匠(きもと たくみ)さんに今回の大会への意気込みを聞いてみました。

木許さんは、「チームのスローガンである『蹴臼不撓(しゅうきゅうふとう)』を実行するために、

試合終了のホイッスルが鳴るまで全力で戦い抜きます。個人としては12年間続けてきたサッカーの集大成をこの大会で出せるよう気持ちもぶつけていきたいです。」と語ってくれました。

 

現在、3年生はキャプテンの木許さんを含めた選手4名とマネージャー1名がチームに残り、練習に励んでいます。

高校生活最後となるこの大会の目標は「大分県大会で優勝を果たし、全国大会に出場する」ことだそうです。

初戦の相手は宇佐高校。10月17日土曜日に大分県サッカー協会人工芝グラウンドで行われます。サッカー部の全国に向けての闘いを、臼高生全員で応援しましょう。

 

次は女子バレー部です。

数々の大会で好成績を残している女子バレー部。今回はそんな女子バレー部をまとめるキャプテン、3年5組の大神 智香(おおが ともか)さんにインタビューしました。

女子バレー部の練習の時のモットーは、「目的を持ってプレーすること」。普段から目的をもって慎重にプレーをすることで、試合でも落ち着いたプレーに繋がるのだといいます。

部長として心がけていることについて聞いてみると、「練習の時はメンタルトレーニングを大切にしています。ミスした後も、ずるずると引きずらず、すぐ次に切り替えられるようにしています。

そして、試合の時は、チーム全体がムードよく明るくなるように心掛けています」と話してくれました。

 

女子バレー部が出場する大会は「春高バレー大分県予選」です。目標を聞いたところ、大神さんは「優勝します。」と力強く語ってくれました。大会は10月31日、11月1日に 大分県立総合体育館において行われます。女子バレー部の大いなる活躍が また見られそうですね。

 

今回で部活動シリーズは終了します。次回からは新シリーズがスタートします。みなさん、どうぞお楽しみに!

 

 

次に野球部の話題です。皆さんもご存じの通り、野球部は第137回九州地区高等学校野球大会大分県大会にて見事、優勝しました。今回の優勝はなんと、124季ぶり、62年ぶりの快挙ということです。

前回のビタミンQでは3回戦の大分上野丘との対戦までお伝えしました。

その後、10月4日に行われた準々決勝 大分商業戦では、強豪校である大商に6-5でサヨナラ勝ちしました。10月6日の準決勝、藤蔭高校戦では、一旦リードを許しましたが、6回に同点に追いつき、8回には見事逆転、7-2で勝利を手にしました。

そして、10月7日、明豊との決勝戦を迎えました。両チームの力が拮抗し、なかなか点が入らない中、試合が動いたのは4回、臼杵高校が死球、盗塁とチャンスを逃さずに確実に攻め、1年5組の長野 稜平(ながの りょうへい)くんの犠打で、見事1点をもぎとりました。この1点が決勝点となり、臼杵高校は優勝しました。

 

今回は臼杵高校野球部の2年生バッテリー、2年5組の松島 廉(まつしま れん)くん、同じく2年5組の平川 倫丸(ひらかわ りんまる)くんにインタビューしました。

松島君は この大会6試合全てに 先発投手としてマウンドにあがりました。そんな松島君が一番印象に残っている試合は、準々決勝の大商戦だといいます。

「大商戦では多く失点しまい、さらには7回に指がつってマウンドを降りるという悔いの残るものとなりました。しかし、優勝が決まったときは本当にうれしかったです。」と話してくれました。

九州大会での目標を聞いてみたところ、「九州大会に出場することが目標ではなかったので、気を抜かずに優勝を目指したいです。全員野球で頑張ります。」と力強く語ってくれました。

 

そんな松島君とバッテリーを組み、打者としても大活躍したのが平川君です。

印象に残っている試合について聞いてみると、「準決勝の藤蔭戦で 九州大会ゆきが決定したので すごく嬉しかったです。勝ち越し点を取れたときには、前の打席でチャンスをつぶしていたので、なんとかしてやろうという気持ちでバッターボックスに立ちました。点が取れてよかったです。

また去年の九州大会大分県予選では決勝で負けてしまったので、今年は先輩たちの分まで勝ち、優勝旗を持って帰りたいという強い思いが叶ってよかったと思います。」と話してくれました。

平川君の九州大会での目標は、優勝してセンバツに出場すること、そしてチーム一丸となって戦いたいとのことです。

 

今回の快挙についてどう思うか、朝生校長先生にお聞きしました。

先生は、「全試合を観戦したけれど、野球部の精神面の強さ、堅実なプレー、持ちの強さや集中度の高さなど、多くの面ですごさを感じた。

また、僕はプレーした選手だけでなく、応援席で力強い応援を行う部員やマネージャーなど、様々な人の力で優勝できたと思う。

優勝の瞬間は「言葉では表せない」という言葉がぴったりあてはまるほどの感動だった。

九州大会も挑戦者として『戦い挑む気持ち』を継続させて、センバツに出場できたらいいな」と嬉しそうに語ってくださいました。

 

九州大会は10月24日から鹿児島県で開催されます。野球部の更なる快挙を祈って、臼高全体で声援を送りましょう。

 

 

では ここで 今日の天気予報です。

この後の天気は(晴れ)、降水確率は(0)パーセント、

日中の最高気温は(23)度です。

明日の天気も(晴れ)で 降水確率は0%とよいお天気が続きそうです。

 

さて、ここでお知らせです。ビタミンQの最後に流す曲のリクエストを募集しています。

流して欲しい曲がある人は、放送部員にCDを渡してください。

 

では最後に一曲お送りします。

今日お送りする曲は、( ONE OF ROCK   )で( The way back)です。

それではお聞きください。

 

担当は( 吉良 和優 )( 小野 奈津稀 )でした。

 

写真は、吉良和優と小野夏津稀

 

放送部 放送部