全日
普通科
全日
HOME > その他の活動 > 臼高の爽風 臼高の活力 臼高の輝く元気『ビタミンQ』(Part18)

その他の活動

臼高の爽風 臼高の活力 臼高の輝く元気『ビタミンQ』(Part18)
2017年03月28日

【放送部 談】

≪「ビタミンQ」の由来≫

ビタミンは栄養素の総称で、人間が生きていく上で不可欠なものです。

お昼の放送が臼高生にとって欠かせないもの、皆さんの心に元気を与えるものになって欲しいとの思いを込めました。

また、ビタミンQの「Q」ですが、KYUKOUSEI(臼高生)の頭文字のKにすると、実在するビタミンKとなってしまうので、「臼(きゅう)」という音に合わせて「Q」と名付けました。

 

 

【スマイリ-朝生 談】

放送部員がパ-ソナリティとなり、毎週、月・木の昼休みに臼高の話題を伝えてくれています。

部員自らが探し回って足を運び、直接取材して集めた至宝情報です。

部活動や生徒会活動、学校行事や先生・臼高生の話題、ヒッソリ頑張っている人のこと、臼高生が興味津々となりそうな話題等々、様々な角度の切り口から臼高の隅々までを取材したタイムリ-な内容が盛り沢山です。

爽やかなビタミンを注入し、元気を与えてくれる放送部の皆さんに心から、 ありがとう!!

 

 

【第18回】「お昼の放送(ビタミンQ)」≪放送日:3月16日(木)≫

 

担当:嶋村日菜(1-5)、遠藤来未(1-3)、小坂美優(1-2)

 

時刻は12:40になりました。

皆さん、こんにちは。「ビタミンQ」の時間です。

 

3月1日、第69回卒業式が行われました。感動的な式が挙行された裏で、実は卒業生による「坂梨学年主任を泣かせよう企画」が動いていたのです。

体育館での式のあと、柔剣道場に連れ出された坂梨先生。このときになってようやく、企画の存在に気付いたそうです。

卒業生から、3年間の感謝を込めた手紙、見たこともないような大きな花束、そして記念のプレゼントをもらいました。

第69期生全員で歌う最後の校歌斉唱のあと、胴上げをされた坂梨先生。危うく1回転しそうでしたが、卒業生に胴上げされる気持ちは天にも昇るようだったと言います。何よりうれしかったのは、お疲れ様、という卒業生の優しいまなざしでした。

普段から涙もろいという坂梨先生ですが、卒業式で涙を出尽くしてしまい、このときは涙こそこぼれませんでしたが、言葉にならない感動があったそうです。

坂梨先生は、「69回生はとても元気がよい学年でした。また、3年間で、仲間に優しく、お互いに支え合う力を身につけ、集団として強く力を発揮する生徒たちです。叱ったこと、褒めたこと、すべてがよい思い出です。自己表現が苦手な生徒も、よい意味で自分をさらけ出せるようになりました。臼高の一番のよさである『笑顔とあいさつ』は69回生が、いつも体現してくれたものでした。これは、在校生にも引き継いでほしいです」と話してくれました。私たち在校生は、卒業生が残してくれた「笑顔とあいさつ」をこれからも受け継いでいきましょう。

 

次は、卒業式で読まれた送辞と答辞の紹介です。

今年度送辞を読んだのは、2年生の 松下れん さんです。送辞では、3年生との思い出や、感謝の気持ち、そして応援の言葉が溢れるものとなっていました。

答辞を読んだのは、那賀一球さんです。高校3年間を振り返り、先生方や両親、そして3年間ともに過ごした仲間への感謝の言葉に、会場は感動に包まれました。また、在校生に対しては、「高校3年間は思う以上に短いです。まだ、目標や将来が見えていない人もいると思います。だからこそ、目の前のことに精一杯挑んでください。きっと道は拓けます」と、3年間、臼杵高校で過ごした先輩らしい言葉で締めくくってくれました。

 

続いて、卒業生から在校生の皆さんにメッセ-ジを頂きましたので紹介します。

まず、一人目は、 わだともや さんです。「部活動は、楽しかったし、思い出も多いですが、辛いことややめたいと思ったこともあった。それでも、3年間続けてきたことで得たことも多いので、部活動生の皆さんも、最後まで頑張ってほしいです」とエ-ルを送ってくれました。

二人目は、 なすみさき さんです。「1、2年生の皆さん、部活動に打ち込んだり、友人と過ごしたり、毎日楽しく過ごして下さい。また、進路について、悩むこともあると思いますが、しっかりと考えて決めてください。応援しています」と後輩の背中を押してくれる言葉をくれました。

卒業式から2週間、校内に3年生の姿がないことにまだ慣れない日々ですが、3年生からのエ-ルとともに、頑張っていきましょう。

 

最後に1曲お贈りします。

 

担当は( 小坂美優 と 嶋村日菜 と 遠藤来未 )でした。

 

後列左から、岩本明来(1-3)、板井麗(1-2)、小坂美優(1-2)、嶋村日菜(1-5)

前列左から、遠藤来未(1-3)、三宮ことり(1-4)、小野夏津稀(2-3)、白星あすか(2-3)

放送部 放送部