全日
普通科
全日
HOME > その他の活動 > 臼高の爽風 臼高の活力 臼高の輝く元気『ビタミンQ』(Part16)

その他の活動

臼高の爽風 臼高の活力 臼高の輝く元気『ビタミンQ』(Part16)
2017年02月03日

【放送部 談】

≪「ビタミンQ」の由来≫

ビタミンは栄養素の総称で、人間が生きていく上で不可欠なものです。

お昼の放送が臼高生にとって欠かせないもの、皆さんの心に元気を与えるものになって欲しいとの思いを込めました。

また、ビタミンQの「Q」ですが、KYUKOUSEI(臼高生)の頭文字のKにすると、実在するビタミンKとなってしまうので、「臼(きゅう)」という音に合わせて「Q」と名付けました。

 

 

【スマイリー朝生 談】

放送部員がパーソナリティとなり、毎週、月・木の昼休みに臼高の話題を伝えてくれています。

部員自らが探し回って足を運び、直接取材して集めた至宝情報です。

部活動や生徒会活動、学校行事や先生・臼高生の話題、ヒッソリ頑張っている人のこと、臼高生が興味津々となりそうな話題等々、様々な角度の切り口から臼高の隅々までを取材したタイムリーな内容が盛り沢山です。

爽やかなビタミンを注入し、元気を与えてくれる放送部の皆さんに心から、ありがとう!!

 

 

【第16回】「お昼の放送(ビタミンQ)」≪放送日:2月1日(水)≫

 

担当:岩本明来(1-3)、板井麗(1-2)、三宮ことり(1-4)

 

時刻は12:35になりました。

皆さん、こんにちは。「ビタミンQ」の時間です。

 

最初は1年生の総合的な学習の一環として行われる「臼杵いきいきプラン」の話題です。

今月15,16日に、臼杵市内の病院や幼稚園、企業へのインターンシップを行いました。訪問を前に、昨年10月から、調べ学習や事前学習を行ってきた生徒にとって、実際に各施設を訪れた感想は様々あったようです。老人ホームの「南山園」を訪れた2年5組の生徒は、「実際に行ってみると、いろいろな部分に驚きがありました。特にお風呂は、体の不自由な方でも、楽に入浴出来るシステムがあり、工夫がなされていました」と事前学習などでは知ることの出来なかったことへの発見を話してくれました。

1年生は、今回のインターンシップでの経験や、事前学習をもとに、新聞を作成することになっています。2月15日に部門別発表、さらに優秀作は3月15日に全体発表される予定です。

今回の経験を、今後に活かしてほしいですね。

 

さて、2月のイベントといえば、2週間後に迫るバレンタインデーです。

毎年2月14日は、世界各地で「カップルの愛の誓いの日」とされています。日本では、女性から男性にチョコレートを贈る習慣となっていますが、外国にもその国独自の習慣があります。

例えばベトナムは、「男性が女性に尽くす日」とされています。日本の影響で、チョコレートを贈ることもありますが、贈るのは男性からです。

また、西ヨーロッパでは、男性が恋人へのプレゼントに「Be My Valentine」というメッセージを添えて送る習わしがあり、日本のように女性から男性に贈り物をするのは世界的には珍しいようです。

一方、臼高生にインタビューしてみたところ、毎年手作りのチョコレートを贈るという人がほとんどでした。中には、作っているときに、砂糖と間違って塩を入れてしまったチョコレートを気付かないまま渡してしまった人もいるようです。その他にも、もらったチョコレートの中で一番おいしそうな物を最後まで残していたら、カビが生えてしまった、というエピソードもありました。

また、お返しをする男性側も、手作りのクッキーやガトーショコラをプレゼントするという人もいました。

皆さんも大切な人や日頃お世話になっている人への感謝の気持ちを込めて、チョコレートを贈ってみてはどうですか。

 

続いては、テレビに関する豆知識を紹介します。

64年前の今日、1953年2月1日に、NHK東京放送局が、日本初のテレビの本放送を開始したことを記念して、「テレビ放送記念日」となっています。記念すべき第一声は、「JOAK-TV こちらはNHK東京テレビジョンであります」でした。また2ヶ月後の同年3月28日に開局した日本テレビが最初のコマーシャルを流しました。しかし、フィルムを映写機に裏返しに掛けてしまい、きちんと放送されなかったそうです。ちなみにそのCMは、大手時計会社のセイコーでした。

今では、テレビは一家に一台と言わず複数ある時代。法律でも「生活必需品」に分類されて、私たちが情報を得るために必要なツールの一つになっています。

最近は、部活動や勉強で自由な時間が少なく、ゆっくりテレビを見ることが出来ない人もいると思いますが、今日くらいはテレビを見たり、限られた時間を趣味や息抜きに利用して、次に頑張るための原動力にしてみてはどうでしょうか。

 

最後に1曲お送りします。

(     )で(    )です。

それではお聞きください。

 

担当は( 岩本明来 と 板井麗 と 三宮ことり )でした。

 

後列左から、岩本明来(1-3)、板井麗(1-2)、小坂美優(1-2)、嶋村日菜(1-5)

前列左から、遠藤来未(1-3)、三宮ことり(1-4)、小野夏津稀(2-3)、白星あすか(2-3)

放送部 放送部