全日
普通科
全日
HOME > その他の活動 > 臼高の爽風 臼高の活力 臼高の輝く元気『ビタミンQ』(Part13)

その他の活動

臼高の爽風 臼高の活力 臼高の輝く元気『ビタミンQ』(Part13)
2017年01月07日

【放送部 談】

≪「ビタミンQ」の由来≫

ビタミンは栄養素の総称で、人間が生きていく上で不可欠なものです。

お昼の放送が臼高生にとって欠かせないもの、皆さんの心に元気を与えるものになって欲しいとの思いを込めました。

また、ビタミンQの「Q」ですが、KYUKOUSEI(臼高生)の頭文字のKにすると、実在するビタミンKとなってしまうので、「臼(きゅう)」という音に合わせて「Q」と名付けました。

 

 

【スマイリー朝生 談】

放送部員がパーソナリティとなり、毎週、月・木の昼休みに臼高の話題を伝えてくれています。

部員自らが探し回って足を運び、直接取材して集めた至宝情報です。

部活動や生徒会活動、学校行事や先生・臼高生の話題、ヒッソリ頑張っている人のこと、臼高生が興味津々となりそうな話題等々、様々な角度の切り口から臼高の隅々までを取材したタイムリーな内容が盛り沢山です。

爽やかなビタミンを注入し、元気を与えてくれる放送部の皆さんに心から、 ありがとう!!

 

 

【第13回】「お昼の放送(ビタミンQ)」≪放送日:12月7日(水)≫

 

担当:嶋村日菜(1-5)、遠藤来未(1-3)、小坂美優(1-2)

 

時刻は12:30になりました。

皆さん、こんにちは。「ビタミンQ」の時間です。

 

最初の話題は、箏曲部と少林寺拳法の活躍についてお伝えします。

 

箏曲部は11月19日に別府大学大分キャンパスで行われた第24回郷土芸能邦楽新人大会で最優秀賞を受賞しました。課題曲である「六段の調べ」と自由曲の「五重奏曲」を演奏しました。

部長の 岩崎あすみ さんは、「演奏の時、普段はしないミスもあり、受賞できるとは思っていませんでした。部活動の練習では、先輩たちのアドバイスもあり、頑張ることが出来ました。全国大会では、先輩たちが残した去年の成績を越えることを目標にこれからも練習に励んでいきます」と決意を語ってくれました。18年連続出場中の箏曲部。来年の夏に、宮城県で行われる第41回総合文化祭での活躍も期待されますね。

 

続いて少林寺拳法です。先日11月13日に九重文化センターで、大分県高等学校少林寺拳法新人大会が行われました。2年3組 藤丸さやか さんは、女子自由単独演技部門で見事準優勝を果たし、九州大会出場を決めました。この部門は、相手がいることを想定し、様々な型を披露します。披露する型は自由に選ぶことが出来ますが、高得点を得るには技の難度をはじめ、様々な工夫が必要となります。

小学4年生から少林寺拳法に親しんできた藤丸さんは、「今回の大会で見つかった課題や、苦手なところを重点的に練習していきたい。九州大会ではその成果を十分に発揮したいです」と目標を話してくれました。九州大会で上位8位に入れば、全国大会への道が開きます。九州大会は、12月10日、11日に福岡県中間市体育文化センターで行われます。熱い声援をよろしくお願いします。

 

最後の話題は、冬休みの勉強や、英語の学習について、1年5組副担任、英語科の丸尾直彦先生にお話を伺いました。

学生時代の先生は、睡眠不足との戦いでした。毎日深夜1時に起きて、早朝5時まで勉強をしてから、新聞配達にでかけ、その後10km走る生活を3年間続けていたためです。そんな先生が、教えてくれた英語学習のポイントは4つです。まずは、時間を決めて学習に取り組む、2つめは苦手教科から始め、解らないところは質問をする、3つめは授業を大切にする、最後に、予習復習を行うことだと言います。また、先生は「人間は何かを身につけるために全力で取り組まなければならないときがあります。それが今です。きついかも知れないけれどそれを乗り切ってほしい。受験勉強は社会勉強と言います。最後まで戦っていこう」とメッセージを送ってくれました。

冬休みは苦手な教科を後回しにせず、好きな教科になるように頑張っていきましょう。

 

では、ここで今日の天気予報です。

この後の天気は( はれ )、降水確率は( 0 )パーセント、

日中の最高気温は( 14 )度です。

明日の天気は( はれのちくもり )、降水確率は( 10 )パーセントです。

 

最後に1曲お送りします。

(           )で(             )です。

それではお聞きください。

 

担当は( 小坂美優 と 遠藤来未 と 嶋村日菜 )でした。

 

後列左から、岩本明来(1-3)、板井麗(1-2)、小坂美優(1-2)、嶋村日菜(1-5)

前列左から、遠藤来未(1-3)、三宮ことり(1-4)、小野夏津稀(2-3)、白星あすか(2-3)

放送部 放送部