全日
普通科
全日
HOME > その他の活動 > 恥ずかしながらスマイリーの「式辞」です

その他の活動

恥ずかしながらスマイリーの「式辞」です
2016年03月04日
卒業式式辞 CIMG4868_R.JPG

たたら川に暖かな風が吹き渡り、校庭の楠も確かな春へと芽吹きの準備を始めたこの佳き日、多くのご来賓や保護者の皆様方のご臨席をいただき、大分県立臼杵高等学校 第68回卒業式を、盛大に挙行できますことは、本校にとりましてこの上ない慶びであります。全ての方々に、心からお礼申し上げます。

 

 ただ今、卒業証書を授与しました、234名の皆さん、卒業おめでとう。間近に接した君たちの姿は、眩しいほどに輝いていました。名前を見ながら、それに込められた、「人生に幸あれ」との家族の深い愛情が偲ばれました。

 

保護者の皆様、誠におめでとうございます。卒業証書を堂々と受け取る晴れ姿に、感慨もひとしおのことと拝察いたします。深い愛情を注がれ、時にはぶつかり、ともに悩み、そして励まし喜び、成長を見守ってこられた皆様に心からの敬意とお祝いを申し上げます。

 

卒業生の皆さん、皆さんの脳裏には、心揺さぶる数多くの情景が駆け巡っていることでしょう。

68回生と言えば「集団力」と断言できます。何事にも団結し仲間を応援する連帯感・一体感は見事でした。

修学旅行での規律ある言動、意欲あふれる研修態度は特筆です。高校総体後の早朝・放課後・休日の学校開放での自学には頭が下がりました。地域と一体となって生き方を考える「臼杵いきいきプラン」は本校の教育の柱となりました。団体戦の気概で臨んだ受験の応援体制は感動の極みでした。

また、皆さんが発案したセンター試験激励見送り、3年生を送る会などは新たな伝統として根付きました。一人ひとりが目立つ学校、元気な「挨拶と笑顔」、感動体験あふれる学校、その実現の最大の功労者は68回生でした。皆さんに心からの拍手を贈ります。

 

さて、卒業にあたり3つのことを皆さんにお伝えします。ぜひ心に留めておいてください。

 

まず、1つ目は、「好奇心」と「感動」を抱き続けて欲しいということです。

ここで質問です。試験問題で「次の文には間違いがある。訂正せよ」と「次の文に間違いがあれば、訂正せよ」どちらが難問でしょうか?当然、後者です。間違いの有無をまず判断しなければならないからです。正解があるのかないのか、あっても一つではなく複数存在する場合もあるのがこれからの世界です。課題に直面した時、最適な答えを探し最善の対応をするには真の生きる力(人間力)が不可欠です。

「生きる力」を身につけるには、旺盛な好奇心で行動し、些細な事にも感動し深く思考する「驚き、感心し、不思議がる」という姿勢が大切です。皆さんには感動する豊かな心は備わっています。これからは、「なぜ?どうして?」という強い興味関心でアクションを起こしてください。「好奇心」は新たな発見をもたらし、「感動」は人生をより豊かなものにしてくれます。

 

2つ目は、「失敗することの大切さ」です。

全ての成功は、無数の失敗の上に成り立っています。失敗なくして成功はありません。失敗を乗り越えることによって展望が開け、夢が持てます。「人生に夢がある」のではなく、夢が人生を作ります。夢実現の秘訣は、『誰にもできる簡単なことを、誰にもできないほど続ける』ことです。一所懸命な人、誠実な人には、必ず理解者が現れ、思いや願いは叶うものです。

私には、苦しいことや上手くいかない時があると、いつも口ずさむ言葉があります。『偉大なるものは嵐の中に育つ』。失敗を挑戦と捉え、もっともっと背伸びをして嵐の中に果敢に飛び込み、挑戦を繰り返してください。

 

3つ目は「校訓」を人生の原点にすることです。

本校の校訓「誠実 勤勉」は、人間性の根幹を示し、生きていくうえで不可欠な精神的支柱です。変化が早く想定外のことが起こるこれからの時代、困難な課題に直面した時、この精神が、考え方や行動の指針となり、皆さんの行く手を指し示す灯りとなってくれるはずです。困ったり悩んだりしたら、校訓を思い出してください。皆さんの原点はここにあります。

 

最後にお願いです。本日のこの喜びは、皆さんの努力・精進はもちろんのこと、友や家族や地域の方々、萩原学年主任をはじめとする先生方の限りない慈しみと温かい愛情や指導の賜であります。今日は皆さんを支えてくれた多くの方に感謝の気持ちを素直に言葉に出して伝えてください。ぜひお願いします。

 

ご来賓の方々、保護者の皆様方には、本校にお寄せいただいた温かいご支援、ご協力に対し心から感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

 

いよいよ旅立ちです。人間の一生を1日24時間に例えると、現在の年齢を3で割った数字がその時刻にあたるといわれます。卒業生の皆さんは午前6時になります。朝日が昇り始め、今日一日はどんな日であるか、あれもしたいこれもしたいとワクワクと心躍りその日の計画を夢見る時刻です。

さあ無限の可能性を秘めた人生が始まります。これからの時代を担うのは君たちです。『この地で学ぶ この地で伸びる この地で輝く』を体現した皆さん。健康に十分留意され、118年の歴史と伝統ある臼杵高校卒業生としての「自信と誇り」を胸に、素晴らしい未来を切り拓いてください。皆さんの前途に幸多かれと心より祈念し、式辞といたします。

 

              平成28年3月1日

大分県立臼杵高等学校

校 長  朝生 能文