全日
普通科
全日
HOME > その他の活動 > 防災教育公開研究発表会を実施しました

その他の活動

防災教育公開研究発表会を実施しました
2015年02月04日

 2月2日月曜日、臼杵市中央公民館で「平成26年度防災教育モデル実践事業 公開研究発表会」を開催しました。本校は、文部科学省のモデル校に指定されており、1年間の研究成果を発表するためにこの発表会を実施しました。

 実践報告では、山本一広教諭が1年間の経過報告を行いました。その後、2年生生徒2名による「東日本大震災被災地視察」報告、加藤史章教諭による防災避難訓練報告、1年生生徒5名による「高校生による避難所運営訓練」パネルディスカッションを行いました。発表に対して、参加者から多くの質問をいただきました。

 休憩の後、学校防災アドバイザーの大分大学 小林祐司 先生から指導・助言をいただきました。最後に、臼杵市防災危機管理室長の板井幸則さんから講演をいただきました。

 

 参加していただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

 参加者アンケートの感想から(抜粋)

・内容が盛りだくさんでした。高校生が自分の言葉で発表・意見を述べたことがとても素晴らしく希望を感じました。

・被災地視察、避難所運営の生徒さんは、本当にこれからの人生にも大きく役立つと思います。

・パネルディスカッションは堂々としていて、臼高生の頼もしさを感じました。

・高校生のパネルディスカッションが大変素晴らしかった。各班の班長が当日頑張っただけでなく、自分の意見をしっかり持ち発表できていて、頼もしく感じました。災害が起こったときに強力な人材になれると確信しました。

・高校生が避難所運営の体験をすることで、より高い防災意識が育つと感じました。

 

IMG_1533.jpg 20150202_132157.jpg 20150202_132807.jpg IMG_1542.jpg
 開会行事  経過報告  被災地視察報告 防災避難訓練報告
 IMG_1551.jpg IMG_1552.jpg IMG_1554.jpg IMG_1557.jpg
パネルディスカッション  多くの質問をいただきました  指導・助言  講演