大分県立宇佐産業科学高等学校


保育園との交流学習でした!

7月8日(月)、慈光保育園にて生活デザイン科3年生「子どもの発達と保育」の選択者11名が保育園交流学習を行いました。

グループに分かれ、自己紹介をした後、牛乳パックを利用したヨーヨーの制作を行いました。

 笑顔で優しい声掛けをしながら、作り方を教えている姿がみられ、子どもたちは、「おねえちゃん!おねえちゃん!」と話しかけながら、楽しそうに制作をしていました。

ヨーヨー完成後は、子どもたちと楽しく会話をしながら、慈光保育園のおやつを頂きました!

次回は宇佐産業科学高校で交流する機会があることを伝え、お別れをしました。

子どもと関わるとてもよい経験ができました!!

<生徒の感想>

「インターシップでも保育園に行き、子どもとの関わり方を知り、今回の保育園交流で更に知ることができました。子どもと関わるのは、難しくて苦手だったけど、少し慣れました。まだ、会話が難しいので、しっかりしたいと思いました。」

「子どもたちと一緒に取り組んで気づいたことは、元気なことと素直だったことです。気を付けたいことは、言葉遣いです。私たちが普段使っている言葉遣いは、子どもにとってはダメな言葉遣いだとだと思うからです。」

 「私たちは、簡単に紙パックなどを切ることができるけど、小さい子どもたちにとっては固くて、難しいことなんだと思いました。それでも、一生懸命切って頑張る姿にすごいと思いました。」

1


作成日 :2019/07/11 18:20
カテゴリ:学校からのお知らせ コース・学科



Copyright 大分県立宇佐産業科学高等学校