全日
グリーン環境科
|
電子機械科
|
ビジネス管理科
|
生活デザイン科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 働くことを考える会

学校からのお知らせ

働くことを考える会
2017年11月27日

 

 宇佐産業科学高校公式 Facebook

 https://www.facebook.com/usasangyou/

 

 世間では「働き方改革」という言葉が盛んに言われていますが、高校生はまだ働いたことがないので、「働き方改革」のイメージがつかめません。

 まずは「社会に出て働く」最初の一歩をどうスタートするかのイメージを持つことが大切です。

 先週に引き続き、今週も1年生の《照陵タイム》の時間を利用して、学校の先生ではない、社会で働いている方のお話を聞く時間を持ちました。

 本日は、大阪市の ㈱WORK STATION にお勤めの 篠崎 貴美子 さんから「社会人として生きる上で必要なこと」という切り口でお話を伺いました。関西弁の軽妙な語り口で、生徒達を引き込みながら、生徒の中に飛び込みながらの楽しい時間となりました。

★お話のポイント★
「社会人として生きる上で必要なこと」
①人間関係
②責任感
③挨拶&言葉遣い(礼儀作法)

「挨拶」とは
挨・・・ひら(く)
拶・・・せま(る)
待つのではなく、自分から行い、自分の心を開き、相手に向かうこと。

「第一印象」の決定要素
①服装・髪型・表情などの見た目・・・55%
②声の大きさや話し方・・・38%
③話の内容・・・7%
 
 同行していた 林 香里 さんも、「就職面接では、入ってきて話し出す前におおよその評価は出来ていて、話しながら微調整をしていく感じです」とおっしゃっていました。
 
 最後に、感じること、考える事の重要性や、2年後に控えた進路選択に向けてやれることを今のうちにやっていこうというお話がありました。
 
 先生方も同じような話をしていますが、実際の社会で働いている方から直に話を聞くとリアリティーがあります。

 今日、服装頭髪検査があります。「これも就職試験に向けた準備の一つになる」と考える(感じる)ことが出来れば、成長の証となります。