全日
グリーン環境科
|
電子機械科
|
ビジネス管理科
|
生活デザイン科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 高校生職業意識形成強化事業 ~ 1年生から未来を考える ~

学校からのお知らせ

高校生職業意識形成強化事業 ~ 1年生から未来を考える ~
2017年10月16日

 

 宇佐産業科学高校公式 Facebook

 https://www.facebook.com/usasangyou/

 

 少子高齢化で社会にとって、若者は未来をつなぐ貴重な存在となっています。ここ数年、本校への求人倍率も大きく伸びてきています。しかし、その貴重な若者の就職について、早期退職が社会的な問題となっています。

 高校新卒で最初に就職する会社をどう選ぶか、「働く」とはどういうことか・・・1年生を対象に《高校生職業意識形成強化事業》として、

■豊後通運㈱ 代表取締社長 中島 康博 さん
■連合大分 副事務局長 松田 光平 さん

お二人をお招きしてお話を伺いました。

■中島さんからは
・部活動など何かに一生懸命に取り組む経験をした人は仕事も頑張れる。

・高校生も、社会人も、目標を早めに見つけて準備する

・苦しいことがあっても、少し笑って前に進もう

・就職して最初にもらった給料明細は親に見せて「ありがとう」と言おう。

etc
 
■松田さんからは
・会社を辞めるのはもったいない。きちんと調べよう。大人に尋ねよう。ネット情報は参考程度にとどめよう。

・働き続ける中で、目標は変わるし、変えられる。

・何が好き、何をしたい、どんな仕事をしたい・・・1日3分考えよう。

・会社を辞めても次は探せるが、とっても大変ですよ。最初に勤める会社を大切に選んでください。

etc
 
 
 実社会で活躍している方々からの言葉は重みがありました。1年生が就職試験を受けるまで、2年を切りました。「目標=準備」の切っ掛けとなります。