全日
グリーン環境科
|
電子機械科
|
ビジネス管理科
|
生活デザイン科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 薬物乱用防止教室 実施

学校からのお知らせ

薬物乱用防止教室 実施
2012年12月14日

     薬物乱用 防止教室を開催しました

        日 時: 12月 14日(金) 6限

        講 師: 薬剤師 小池 明仁 氏

        演 題: 『薬物の実態とその被害について』

        対 象: 全校生徒 ・ 職員

 

     講義の様子

薬物.jpgのサムネール画像

                パソコンのプレゼンテーションソフトを使ってわかりやすく説明していただきました。

 

               ①薬物乱用とは? ②身近にある麻薬とその被害 の2つをメインメッセージとして

               論点を絞って詳しく説明していただきました。

             

              【①薬物乱用とは?】

                 ・ 乱用 = 不適切な方法や量で薬を使用すること。 (病院薬・市販薬も含む)

 

                【②身近にある麻薬とその被害】

                 ・ がんの治療に使用されるモルヒネ・フェンタニルなどといった医療用麻薬もある

                 ・ お香やバスソルトなどとして雑貨屋などで市販されている。

                 ・ 市販されている脱法ハーブは純度が低く、大麻より中毒性が高い。そのため、意識喪失や

                   痙攣などを引き起こす、大変危険なものである!

                 ・ 脱法(合法)とは名ばかりで、効果や人体に与える影響は一般的な麻薬と変わらない。

 

                【ま と め】

                 麻薬は様々な形で私たちの身近に存在している。「1回だけ・・・」と軽い気持ちで絶対に使用しない

                 ようにする。麻薬は常習性・中毒性があるため、1度きりで終わることはほとんどない。 

                 正しい知識を身に付け、「絶対に使用しない」という意識を持ちましょう!