全日
普通科
全日
HOME > フォトギャラリー > 平成29年度 心肺蘇生法・AED職員研修を実施しました

フォトギャラリー

平成29年度 心肺蘇生法・AED職員研修を実施しました
2017年07月19日

 7月18日(火)、老上ヶ丘会館2F多目的ホールにおいて、職員対象の心肺蘇生法・AED研修を実施しました。宇佐市消防本部から招いた3名の講師による解説の後、受講者全員が訓練キットを用いた胸骨圧迫の練習を行いました。予期せず心停止が発生した場合、現場に居合わせた人の適切な応急処置が生死を分けることがあります。受講者は全員真剣に練習を繰り返しました。1分間に100~120回のペースで胸骨圧迫を行うことは予想以上に体の負担が大きく、周囲の協力者とうまく連携することがいかに大切かを実感しました。

 その後はAEDの操作方法について確認しました。訓練用AEDと実際のAEDでは規格や取り扱い方法が若干異なるため、今回は実際に本校に設置されているAEDで操作方法を全員で確認しました。

宇佐市消防本部の講師の方々 心肺蘇生法の練習キットを使います 1分100回は予想以上に大変です
講師からアドバイスを受けます AEDの使用法について