全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > PTA県北地区研修会に参加してきました

学校からのお知らせ

PTA県北地区研修会に参加してきました
2017年08月07日

8月6日(日)、県北地区PTA研修会に本校保護者および職員13名で参加してきました。

宇佐市ウサノピアの小ホールで行われ、外は台風で強風が吹き荒れる中での研修会でした。

テ ー マ:「もたせよう!次世代を担う子どもたちに「生きる力=夢、希望」」

講   演:「私の相撲人生」 講師:武蔵川部屋親方 雷徹氏(垣添徹氏)

提言発表:安心院高等学校、中津東高等学校

以上の内容で行われました。雷親方の「決して順風万帆ではなかったが、相撲を通じて学んだことで今の自分がある」という内容のお話の中で、特に印象に残ったのは中学高校時代に「何のためにこの稽古をしているのかを恩師が理解させてくれたこと。苦しくても辛抱して一つのことを本気で頑張れた。」ことが大きかったという点。また、親方の好きな言葉「ここで逃げたら次も逃げる。」「やってみなければわからない(挑戦する大事さ)」という言葉で、子どもに関わる私たちにもハッとさせられるものでした。

午後の2校の提言発表を聴く中で、改めてPTA活動は楽しむことが大事、無理せず出来ることを出来る人がやるという当たり前のことを再認識させてくれる内容のものでした。

参加していただいた皆さん、ありがとうございました。

宇佐高校からは計15名が参加 県高P連 和田会長あいさつ 県高P連県北地区 川上会長あいさつ 雷親方(元小結 垣添関)の講演
川上会長が雷親方に謝辞を述べます 宇佐産業科学高校の生徒による発表 中津東高PTAによるユニークな報告