全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 校長先生の退官記念授業が行われました

学校からのお知らせ

校長先生の退官記念授業が行われました
2015年03月21日

 3月20日(金)に、定年退職を迎える石井雅晴校長先生の退官記念授業が、本校老上ヶ丘2Fホールで2年生理Ⅰコース2組・3組生徒61名を対象として行われました。

 

退官記念授業の様子

    RFI_3594  RFI_3588

 

   RFI_3619  RFI_3598

 

   RFI_3603  RFI_3606

 

 

授業後の生徒の感想

・普段私たちは色々な先入観にとらわれてなかなか色々な視点から物事を見ることは少なかったけど、校長先生の授業で色々な観点から物事を見る大切さを改めて感じることができました。数学への楽しさ、深さを感じることのできた授業でした。

 

・数学教員としての校長先生が見られて凄いなと思った。先生の数学に対しての情熱が伝わってきた。みんなが分かるように説明してくれてとても分かりやすかったし、先入観を捨てることの大切さを学びました。色々な考え方ができてとても楽しい授業でした。

 

・「美しい数学」という言葉が心に残った。すべての問題を美しく解きたいと思った。教えてもらった知識や考え方を忘れずに入試に生かしたいです。

 

・校長先生の授業は難しい問題を少しずつヒントを与えてくれて、自分の力で解くことができる喜びを感じさせてくれたとてもすばらしい授業だと思いました。これからもあのように難しい問題が出たときも柔軟な考え方でひたむきな姿勢で取り組んでいきたいと思いました。

 

・小中高合わせて,初めて校長先生の授業を受けることができてとてもラッキーだった。最初は、よく分からず難しかったけど、先生の話を聞いているうちにだんだんと分かりだして、とても楽しくなってきた。校長先生の授業でとてもいいものを得たので、今後うまく使って成績をあげたい。

  

・今まで問題を解決するために様々な公式や考え方を学んできましたが、校長先生の授業では新しく物をみるときにそれは柔らかい発想を妨げるものでしかないということが分かりとても驚きました。さらに数学の美しさを感じることができとても感動的な授業でした。

 

・校長先生の授業を通じて、今まで勉強してみにつけてきたものも大切だけれど違う目線でからでないと解けないものや逆に違う目線から見ると新しい発見をすることができることが分かりました。絶対にその解き方じゃないと解けないという固定概念をすててみることで楽しく数学を勉強するこも大切なんだと思いました。

 

・校長先生の数学の授業を受けて、私は最初、問題から難しくて分かりませんでした。校長先生の数列の解き方はすごくユニークで面白いと思い、このような解き方があると知りとても驚きました。数学は私にとって難しく嫌なイメージでしたが、面白い部分もありゲーム的で素敵だと思いました。