全日
機械科
|
電気科
|
建築科
|
化学工学科
|
産業デザイン科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 5月30日(火) 人権教育HR活動が行われる。

学校からのお知らせ

5月30日(火) 人権教育HR活動が行われる。
2017年06月02日

1年

最初、体育館で人権教育主任が1年生に対して講話をしました。講話の内容は、「皆さんが持っているスマホやガラケーはとても便利なツールだが、使い方を間違えると、犯罪を犯したり、人を傷つけて自殺にまで追い込みかねない。」ということを例を挙げて丁寧に説明しました。また、いじめは残酷です。同じクラスの中で上下関係を作ったり、人が一生懸命頑張っている姿を見て、『調子に乗るな』と言ってみたり、そんなことが君達の周りで起こっていませんか?いじめは絶対に許されることではありません。いじめをしている生徒に対して鶴工は断固とした態度を取ります。」でした。

その後、教室で人権に対する意識調査を実施しました。

2年

最初に「女性の人権問題」「子どもの人権問題」など8課題の具体的内容を押さえ、その中でも就職差別や結婚差別につながるものとして部落差別があることを理解しました。また、8課題は、決して他人事ではないことを理解させる。

生徒の感想より

「自分たちもやがて年を取り老人になった時に高齢者の人権問題や障がい者の人権問題が自分ことになると思った。」

 

3年

2年生で学んだ部落差別から発展して「全国高等学校統一用紙」制定への歴史的経過を学習し、差別選考解消への取り組みとその意義を各担任が説明しました。生徒は身長や血液型を始め、資産や家族構成など自分の努力ではどうにもできないことが選考基準になっていたことに驚いていました。また、被差別部落の人々の運動と結びつけ、「統一用紙」が勝ち取られてきたものであることを理解しました。

生徒の反応は、「就職するときに自分が責任を負えないことで落とされことは絶対になってはならない」「非常に良いことをたくさん学んだ。」ということでした。