全日
機械科
|
電気科
|
建築科
|
化学工学科
|
産業デザイン科
全日
HOME > 部活動・生徒会活動等 > JRC同好会~第38回全国高等学校総合文化祭茨城大会ボランティア部門参加~

部活動・生徒会活動等

JRC同好会~第38回全国高等学校総合文化祭茨城大会ボランティア部門参加~
2014年08月05日

去る、7月29日~31日、第38回全国高等学校総合文化祭茨城大会ボランティア部門にJRC同好会が大分県代表として参加しました。

初日の活動報告発表は参加67校中20校が発表しました。本校は15番目。リハーサルでは緊張から動きがややかたかったものの、本番では堂々とした態度でしっかりと発表できていました。県外引率者打合せ会議の際も数校から活動についてお褒めの言葉をいただいたり、活動について詳しく聞きたいと言われました。

01 20140801_142740505.JPGのサムネール画像のサムネール画像 03 20140801_142232047.JPGのサムネール画像
   

2日目のフィールドワークは「防災とボランティア活動」に参加しました。
本校は南海地震による津波の際の避難場所になっています。そのことを踏まえてフィールドワークに臨みました。実際に東日本大震災・津波震災を経験した日赤茨城県支部の方の話や茨城県防災対策室長の話はとても興味をひかれました。生徒たちも真剣に聴き、しきりにメモをとっていました。
中でも、避難場所に指定されていなかったが続々と非難してくる一般の方や授業時だったので全校生徒も学校に残っており、混乱の対応をせまられた学校の話は切迫した状況をまざまざと見せつけられた印象がありました。この学校では全校生徒を無事、保護者の元に帰すのに3日かかったそうです。さらに、備蓄の食料等がなく、家庭科の実習用の食料で初日をしのいだ経験もうかがいました。地域の公共施設等に備蓄されていた食料が届くまで1日半かかったそうです。
また、実際のハイゼックスを使った非常炊き出し体験では毎年のトレセンや文化祭での経験が生かされ、どの学校よりも速く、正確にできていました。講師の方や他校の指導者からもお褒めいただきました。

04 20140801_150827487.JPG▲災害救助の際に使用されるアテント。東日本大震災でも仮設救助本部として使用された
そうです。(この日は蒸し風呂のようでした)
05 20140801_145958795.JPG▲ハイゼックス(特殊なビニール)を使った非常炊き出し。今年の文化祭でも実演を行う予定ですので
興味のある方はぜひご参加を! 
09 20140801_145223530.JPG▲茨城県庁の災害対策本部の一室。室長から東日本大震災のときの話をうかがいました。

11 20140801_152629501.JPG ▲茨城県庁(25階建て)の屋上ヘリポート。この日は風が強くなくてよかったです。

最終日は電車・飛行機の時間の都合でフィールドワーク研修報告会が終わった後、会場を後にしました。 三日間の大会で生徒たちは様々な体験をし、様々な分野で学びをしました。 この大会での感想等は2学期に「JRC新聞」にまとめ、全校生徒に報告をします。また、「文化祭」での展示として模造紙を使って一般の方にも知らせる予定です。
自らの学びを次につなげたいという生徒たちの表情に成長が見られた、いい大会であったと思います。

13 20140801_143442584.JPG ▲特別支援学校部門とボランティア部門の特設会場。生徒たちの交流も行われました。 15 20140801_143859619.JPG ▲特設会場の展示作品を見ながら話をしている本校生徒。木工に興味を持ったようです。
16 20140801_144127812.JPG▲最終日の発表原稿を一生懸命に書いている生徒たち。真剣なまなざしに元気をもらいました。 17 20140801_145526345.JPG ▲最終日のフィールドワーク研修報告が始まる直前。いい表情をしていました。