全日
普通科
|
生産機械科
|
電気電子科
|
会計システム科
|
総合ビジネス科
|
全日
HOME > 学校からのお知らせ > ALT離任式、1学期の終業式が行われました。

学校からのお知らせ

ALT離任式、1学期の終業式が行われました。
2019年07月24日

7月19日(金)、ALT(外国語指導助手)のコルトン・オズボーン先生の離任式が行われました。

離任されるALTのコルトン・オズボーン先生から全校生徒に向けてお別れのあいさつがありました。

コルトン先生は「私にとって津久見で皆さんと過ごした5年間は、とても有意義で思い深い5年間でした。アメリカから来たばかりの頃は英語を教えることは自分にとって初めての経験でしたので不安もありましたが校長先生をはじめ先生方から温かいサポートと生徒の皆さんの明るい笑顔に助けられながらたくさんの事を学ぶことができました。また授業をとおして生徒の皆さんとの楽しい時間を過ごせた事はとても嬉しく思っています。お別れはとても寂しいですが生徒の皆さんに一番感謝の気持ちを贈りたいと思います。皆さんは私にとってとても大きな存在で津久見での生活を楽しく過ごせたのも皆さんの沢山楽しい日々があったからです。これからも皆さんと過ごして時間を忘れないでしょう。皆さんがこの先津久見高校を卒業し日々の生活や仕事の中で時々英語を使う機会が出るでしょう。あなたが英語を勉強するときや迷子になっている外国人を案内するときまたは好きな人を振り向かせたい時に英語を使うことはあるでしょう。そんな時に少しでも私と過ごした時間を思い出して勉強の糧になればとてもうれしいです。このようなお別れのスピーチを書いてると大切なことを伝えたいと思う気持ちが出てなかなか言葉になりませんが、これから活躍していく皆さんにこの言葉を贈りたいと思います。~やる価値のあることは全て難しい。だがいつも失敗よりも後悔を恐れよう。二つに分かれた道は自分で決めるためにある。自分を信じて~5年間ありがとうございました。」と語られました。

 

1.7.19.10  1.7.19.9

  

   

  

 

離任式の後、1学期の終業式が行われました。

渡邊芳和校長先生は式辞で「生徒の皆さん1学期の終業式をこうやって迎えることができました。この1学期1年生から3年生までここにいる全員が私が入学式の時に入学を許可した生徒であります。私もこの学校で3年目の勤務となりまして自分がこの学校に入学を許可したすべての生徒がここに揃うということは大変うれしくまたひとつ感慨深いものがあります。1学期は大きな行事として高校総体、いろんな部が出場して活躍していく姿を見せてくれました。みんなが一生懸命に取り組む姿、勝利を目指した一瞬一瞬を大切にしてつかみ取っていく姿、逃がしていく姿、いろいろな姿がありました。本当に美しく素晴らしい姿であったと思います。特に私はフェンシング競技の専門部長ということでフェンシング競技を長く見させてもらいましたがフェンシング競技では準決勝に進んだ男子の廣田君、女子の安藤さん、小谷さんの両名が挨拶をするセレモニーを見まして本当に頼もしく素晴らしい精悍な姿を見ましてよかったなあと思いました。また水泳部の生徒の皆さんは多くの生徒が九州大会にも出場してくれました。また競技だけではなくレスリング競技の工藤君は毎朝事務室前の玄関を掃除してくれている姿を見ました。本当にありがたいことですし工藤君の心の美しさ心の強さを感じたところであります。心の美しさ心の強さがこれからの人生に大いに役立つというふうに感じます。それ以外様々なところで皆さんの頑張っている姿を見せていただきました。高校生が自分のために目的を持って頑張る姿は美しいなあと感じます。ぜひこれからも自分の良さを活かして一生懸命取り組み「輝く生徒」であり続けていただければというふうに思います」と語られました。

  

  

1.7.19.13  1.7.19.11

1.7.19.12  1.7.19.15