全日
普通科
全日
HOME > 校長室 > 「私の守りたい素敵な場所」

校長室

「私の守りたい素敵な場所」
2020年06月08日

 

先日、学校から直ぐの廣瀬神社に、竹田高校をコロナから守ってもらう祈願に行って来ました。神社までの階段は私には、かなりハードなものでしたが、登り詰めてその丘から見える景色は、とても素敵なものです。狭い盆地に佇む街並み、そこだけ時間の流れは穏やかである様な、優しさと落ち着き。遠くの山々が感じさせる大自然の恵み。

「西山さん、竹田にはトンネルの数だけ思いやりがあるんで」。10年前の3月、竹田高校への転任の内示が出た時に、当時の同僚がくれた言葉です。海辺に近い所で育った私には、山々に囲まれて生活するのは初めてでしたが、同僚がくれた言葉が身に染みた2年間でした。久しぶりに、廣瀬神社から見た景色に、ここは絶対に守らなければならない「素敵な場所」だという思いを新たにしました。

翌日、豊後大野市のある中学校を訪問させていただきました。竹田高校のご出身である校長先生とお話しする中で、校長先生のご出身の小学校が廃校になったことをお聞きしました。確かに、平成の広域合併時には、竹田市内には15の小学校がありましたが、今は11校に減っています。竹田市の人口も2005年の26,534人から2020年4月には、20,108人になっています。

「豊肥地区の奥座敷」竹田と竹田高校は、運命共同体であると考えています。その竹田高校に、「素敵な場所」を守るお手伝いは出来ないでしょうか。本校生には、是非一つは「私の守りたい素敵な場所」を持ってほしいと思います。人生100年時代、「守りたい大事な人」に加えて「守りたい素敵な場所」があることは、幸福な人生を送る為の大きな支えになるのではないでしょうか。

最後になりましたが、訪問した中学校から帰るとき、校門近くで見送っていただいた校長先生と部活の生徒(?)の皆さん、有難うございました。豊肥地区には、思いやりがある。と暖かい気持ちで帰路につけました。

竹田高校 西山和孝