全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 第21回九州高等学校吟詠詩舞コンクール

学校からのお知らせ

第21回九州高等学校吟詠詩舞コンクール
2015年06月15日

 「第21回九州高等学校吟詠剣詩舞コンクール」が6月13日(土)に大分市の明日香美容文化専門学校を会場にして行われました。

 本大会は、当初九州の各県代表を集めた大会としてスタートしましたが、財政難から旅費の支給が打ち切られたため、現在では他県からの参加はなく大分県下の高校生のみの大会になっています。

 吟詠部を持つ学校も現在県下では本校を入れて3校のみになっていますが、小さい頃から習い事として学んでいる生徒の格好の発表の場となっています。ちなみに大分県の高校生のレベルは全国トップレベルにあります。

 本校の書道部には、一昨年卒業した生徒に全国トップの生徒がおりました。今年度は1年生に1人詩吟を習っている部員がいます。これからが楽しみです。

 書道を行っている部員は第4部の「書道吟その他の部」に出場しました。本校からは5組10名の部員が出場し、大分南高校の書道吟、日本文理大学附属高校の華道吟(吟詠に合わせて花を活ける)の生徒と力を競いました。

 その結果、吉田杏里さん(3-4)・工藤万代さん(3-4)が最優秀賞に輝きました。この部門には、今年7月下旬に滋賀県で行われる全国総合文化祭・吟詠部門に出場を決めている、3-2の羽田野若奈さん・河野柚奈さんや大分南高校の油布花穂さん・加島祐美もいて、レベルの高い部門です。

 吉田さん、工藤さんともに部の先頭に立って練習しており、3年間の努力が報われました。これから、9月に応募する「書の甲子園」の作品制作など練習が続きます。今回の最優秀受賞を受けて更なる活躍が期待されます。 

ステージ上で 表彰式 最優秀賞の二人

左の写真 : 吟詠に合わせて五言絶句を揮毫します。起句と承句を右の生徒が、転句と結句を左のデイトが書いていきます。

中央の写真 : 大会会長より、最優秀賞のよしださんと工藤さんに表彰状が授与されます。

右の写真 : 最優秀賞を受賞した工藤万代さん(左)と吉田杏里さん(右)

記念撮影!

受賞者全員がステージ上で記念撮影。最優秀の吉田さんと工藤さんは、後列右から4番目と5番目