全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 総合的な学習の時間成果発表会

学校からのお知らせ

総合的な学習の時間成果発表会
2016年02月04日

2月4日(木)、「総合的な学習の時間」成果発表会が行われました。

1年生は、「職業人インタビュー」について発表しました。1年生では、本校にさまざまな職業人の方をお招きし、インタビューを実施しました。その後、グループごとに報告書およびプレゼンテーション画像を作成しました。各クラスで事前発表会を開催し、その中で選ばれた4つのグループが当日の発表を行いました。1組6班「医療・作業療法士」、2組12班「システムエンジニア」、3組19班「服飾・販売関係」、4組29班「整備士」です。

どの職業人の方からも共通して教えていただいたことは、「人との関わり方」、「やる気と努力」、「積極的に勉強して知識や技術を高めていくこと」、「人の役に立つ、喜んでもらうということを常に意識する」ことなど、一般的に「あたりまえ」で誰にでも分かっているようなことがやはり重要であるということでした。

2年生は、「修学旅行」について発表しました。本年度、県下で初めて福島の被災地を訪ねる修学旅行を実施するということもあり、かなり早くから被災地のことや災害について事前研修を積み重ねてきました。全員がそれぞれの分野で調査、研究をし、興味・関心を持って旅行に参加できたことが発表から感じられました。

その事前研修発表の中から、「福島、復興へ」(3組7名)と「被災地の動物たち」(3組5名)、また、「修学旅行報告」として各クラス2名、計8名による事後レポートを発表しました。

3年生は例年通り「卒業論文」として各自の進路に関係する内容を調査・研究した発表を行いました。発表者は、4組 森朱里(現在の航空業界について)、3組 河野純奈(これからの郵便について)、1組 芹川智祐(魚のユニークな生態)、3組 成重花鈴(子どもと遊びについて)の4名でした。

3年生は、1年、2年の時にも研究発表を行ってきただけに、その内容やプレゼンテーション画像の仕上がり具合も、さすが3年生と言える出来栄えでした。

今回の発表では、生徒たちが学校や家庭以外の部分にも目を向け、心構えや行動を変化させつつあることが分かりました。「将来、立派な社会人になる」、その「将来」は、「今、この瞬間からつながっているのだ。」ということに気づき、「今日から何をするべきか?」を考えるきっかけにしてもらいたいものです。

H28総学発表会 (2) H28総学発表会 (4) H28総学発表会 (1) H28総学発表会 (3)