全日
普通科
全日
HOME > 保護者の方へ > 単車通学基準について

保護者の方へ

単車通学基準について
2011年04月01日

(1) 通学許可等の条件

  ① 通学距離について

・自宅から学校までの距離が8㎞以上30㎞以内であれば審査によって許可する。

・自宅から学校までの距離が30㎞以上の場合、実際の通学にバス・JR等を同時に利用していれば審査を経て一部の区間を許可することができる。ただし、途中のバイクの保管・管理がきちんとできること。

② 単車通学を許可された者は、保護者同意の上で、単車運転免許受験願書を

学校に提出し、学校の指示に従って受験すること。

③ 通学用単車は、50ccの原付自転車に限定し、免許も原付に限定する。

(スクータータイプ又はカブに限る。クラッチのついたスポーツタイプは認めない)

(2) 免許取得について

① 単車免許を希望する場合は、前項の条件に加え以下の手続きを正確に完了すること。

・「単車通学希望願い」を提出し学校側の審査を受ける

・単車通学希望生集会に保護者と共に参加すること

・単車通学生集会で説明を受けた事項を守ること

② 下記の(ア)(イ)(ウ)を完了した翌日以降の新学期より、単車通学を許可する。

  (ア) 高校入学後16歳の誕生日を迎えた以降の長期休業中(春休み・夏休み・冬休み)に限り、単車運転免許の受験を許可

(イ) 運転免許受験に合格した後、長期休業中に学校が特別に指定した期日・自動車学校にて、実技講習を受講すること

(ウ) 単車通学に関する書類の提出を完了すること

  ③ 単車通学許可後、卒業するまでの間に「実技講習会」を指定された期日に指定された自動車学校で3回受講する。

「実技講習会」については長期休業中の免許取得後直ちに1回受講し、その後、一学期の中間考査中と期末考査期間中、二学期の中間考査中に実施する。

 

★ 法規・校規違反者について

    (ア) 無免許運転、無断免許取得には厳しい指導処置を加える。

    (イ) 道路交通法違反、本校規定違反、交通事故を起こした者については、

         その時の状況により、特別交通安全講習や懲戒等の指導処置を加える。

    (ウ) 出席状況の良くない者については、一定期間単車通学を停止する。