定時
普通(Ⅰ部)
|
普通(Ⅱ部)
|
普通(Ⅲ部)
|
商業(Ⅲ部)
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 悪徳商法(マルチ商法)にご注意を (生徒指導部から)

学校からのお知らせ

悪徳商法(マルチ商法)にご注意を (生徒指導部から)
2019年11月21日

 先日、県内の高校に通う生徒の保護者から、子どもが悪徳商法と思われる勧誘を受けたとの相談が学校安全・安心支援課にありました。

 具体的には、先輩から儲け話があると誘われてホテルに複数人集められ、そこで食事を提供されたりしたうえ、業者の担当者から「必ず儲かる。」、「人に紹介すれば、その分儲かる。」、「儲かった分は税金がかからない。」などと言われ、数十万円の契約を求められたり、知人にも勧めるよう依頼されたものです。相談者によると、他にも先輩や友人から声をかけられて業者の説明会に参加した者がいるとのことでした。 

 独立行政法人国民生活センターによると、全国的に20歳代・20歳未満の若者で、マルチ商法の相談が増加しており、友人や知人から仮想通貨などの儲け話を「人に紹介すれば報酬が得られる。」などと勧誘されて契約したものの、事業者の実態や儲け話の仕組みがよく分からないうえ、事業者に解約や返金を求めても交渉が難しいというケースが多く見られるとのことです。 

 以上のような事案が、生徒の身近でも起きているようです。 

 このような被害に遭わないように

  ① 友だちや知り合いから儲け話に誘われても、きっぱりと断る。

  ② そういったことがあれば、保護者に伝え学校へも知らせる。

  ③ その関係の情報を知っていたら担任や生徒指導の先生に連絡する。

 ように、お願いします。