全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > SSH米国(ハワイ)海外研修の3日目が終わりました

学校からのお知らせ

SSH米国(ハワイ)海外研修の3日目が終わりました
2019年10月25日

ホノルルに移動してハワイ研修で最後の活動に取り組みました

 ハワイ研修3日目が終わりました。後は日本への移動を残すのみなので実質的に最後の活動日でした。

 午前中にホノルルまで飛行機で移動して、まずは太平洋津波警報センター、次にハワイ大学マノア校で研修を行いました。以下、生徒たちの感想をもって研修内容の報告とします。

最終日の研修について

・太平洋津波警報センターは軍の施設の中にあるので入るまでの面接や指紋・顔認証などの手続きが大変だった。
・地震発生から警報を出すまでのプロセスが複雑で、かつ迅速に行われていてすごい。
・ただ計測結果を警報として発信するだけではなく、その警報を聞いた地域住民や郡、政府にどのような影響を及ぼすかなど、様々なことに配慮していることがわかった。
・ハワイ大学の環境がいい。
・ハワイ大学に留学したくなった。
・学内にweather forecast serviceという施設があって気象について研究がされており、気象予報の仕方や気象と災害の関係性について知ることができた。

全体を通して

・防災を様々な学問、側面から見ることが大事である。
・各機関が地球規模でデータを収集分析して国をあげて取り組んでいる。
・各機関が防災というより減災mitigateすることに焦点化していることも知ることができた。
・防災は学校あるいは国全体で取り組むよいテーマだ。

 今後は、現地時間で25日金曜日の朝(日本時間で26日未明)、ホノルル国際空港から帰国します。日本時間の26日土曜日深夜に学校到着の予定です。無事を祈念いたします。



 太平洋津波警報センター
ハワイ研修3日目の様子1 ハワイ研修3日目の様子2
 ハワイ大学マノア校
ハワイ研修3日目の様子3 ハワイ研修3日目の様子4