全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 「世界津波の日」高校生サミット2日目午後の様子

学校からのお知らせ

「世界津波の日」高校生サミット2日目午後の様子
2018年11月02日
午後の最初は東大の特任教授片田敏孝先生の講演で、先生の関わった「釜石の奇跡」についてお話を聞きました。
続いて閉会式があり、その後、各グループ代表による分科会報告がありました。本校のグループGからは「Think together, Think BOUSAI」のスローガンのもと、学校での防災教育による意識の醸成や地域と一体となった啓発活動の必要性などについて発表しました。
閉会式の最後は、このサミットの宣言が読み上げられ、「世界津波の日」の起源となった安政元年の濱口梧陵による「稲むらの火」のエピソードに倣って、参加者全員の掲げたオレンジのケミカルライトの灯りに包まれて、参加者たちは退場していきました。
終了後も、生徒たちは写真を撮り合ったり、連絡先を交換し合ったりして、最後まで名残りを惜しんでいました。
サミット宣言読み上げの様子 グループGの記念撮影