全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 鶴城だより67号

学校からのお知らせ

鶴城だより67号
2012年05月03日

平成23年度高校入試 躍進鶴城!国公立合格91名!

平成23年度入試において、私立大学は慶應大1名や法政大の8名など平成22年度を超えて合格者を出した。その一方国立大学は、県外では京都大1名、九州大3名、広島大・熊本大あわせて12名などと健闘が光るものの、地元大分大学で苦戦、昨年合格者を下回った。これはセンター試験重視型の大分大で、2次試験による逆転に至らなかったことが、このような結果になったと考えられる。来春捲土重来を期す卒業生もおり、心から声援を送りたい。

shinro_img.jpg

後輩のみなさんへ

九州大学 医学部 保健学科 橋本佳子

私は前期でこの大学に合格しました。皆さんの役に立つかは分かりませんが、私が勉強するうえで重要だと思うことを紹介しようと思います。

私が最も大切にした心構えは、授業を重視することです。先生方は教えることのプロですから、受験に必要な知識を分かりやすく教えてくれます。演習に入ると授業での先生の話がきっと活きてきます。せっかく50分という勉強する為の時間を与えられているのだから、先生の話をよく聞き、理解し、有効に使いましょう。授業中にどうしても眠たくなってしまう、という人もいると思います。でも授業中に眠って、帰って一人で勉強しても捗りませんし、きっとその間も眠気であまり集中できないでしょう。量より質が重要です。夜しっかり眠って明日の授業に備える、という生活習慣を身につけたほうがいいと思います。

もうひとつ大切なのは、一緒に頑張れる良い友達を持つことです。3年生になるとⅡ系の生徒は受験モードに入ります。勉強に疲れて、投げ出したくなることもあるかもしれません。そんな時に支えになるのが、隣で頑張っている友達やクラスメートです。一人で頑張るのではなく、みんなで受験を乗り越えましょう!