全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 平成30年度SSH成果発表会を開催します

学校からのお知らせ

平成30年度SSH成果発表会を開催します
2019年02月02日

本年度のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)の取組を発表します

 2月3日日曜日、佐伯文化会館及び三余館で、SSH成果発表会を行います。実施要領は以下のとおりです。

 本校の学校設定教科「創生探究」での課題研究発表で優秀な成果を残した班の発表やポスターセッション、ハワイをはじめとする学校外での研修活動の報告のほか、大分大学医学部宮本教授の講演も予定しています。

 日程などは以下の通りですので、保護者の皆さま、活動にご協力いただいた事業所の皆さま、地域の皆さまにも、ぜひご参加いただきますようお願いします。

1 目的

 本年度のSSHの取組を県内高校や地域の方へ発表し、成果を還元するとともに、指導・助言を受けることで、来年度以降の取組のさらなる充実を図る。

2 日時

平成31年2月3日(日曜日) 9:45~15:00

3 会場

佐伯文化会館(大分県佐伯市大手町1丁目1-1)・三余館(大分県佐伯市大手町1丁目2-12)

4 日程

9:30~9:50 受付・案内(佐伯文化会館2階大ホール前)
9:45~10:00 開会行事(佐伯文化会館2階大ホール)
10:00~10:15


生徒発表1
(1) 東京・つくば研究機関訪問研修報告
(2) 福島防災研修報告
10:20~11:30


講演会
演題「地産地消型心臓外科医のつぶやき」
講師 大分大学医学部心臓血管外科講座学教授 宮本伸二 先生
11:30~12:15 昼食休憩
12:15~13:00 ポスターセッション(三余館ホール)
13:15~14:45








生徒発表2
(1) 1年成果発表「浮力の大きさを決めるものはなんだろう?」
(2) 1年成果発表「大規模停電でも食品を捨てない~発酵で保存~」
(3) 2年成果発表「鶴城高校の避難訓練について考える」
(4) 2年成果発表「佐伯市の生活保護の実態と相対性貧困について」
(5) 2年成果発表「素数の並びについて」
(6) 2年成果発表「身近な菌を自然のもので抗菌しよう」
(7) 科学部研究「カマエカズラの研究3~なぜ葛原だけに自生しているのか~」
(8) ハワイ研修・「世界津波の日」2018高校生サミットin和歌山報告
14:45~15:00 閉会行事



平成30年度大分県立佐伯鶴城高等学校SSH成果発表会チラシ(PDF:591KB)