全日
食農ビジネス科
|
工業技術科
|
福祉科
|
総合学科
全日
HOME > 校長室 > 校長挨拶

校長室

校長挨拶
2016年04月04日
 本校は、これまでの長い歴史を有する佐伯鶴岡高校と佐伯豊南高校が発展的に統合し、平成25年度に設置されました。本年4月11日に入学式を挙行し、1学年から3学年まで全ての学年が揃い、新設校としての気持ちを新たにして様々な活動に取り組んでいます。
 私たちが暮らす社会は、人口減少や高齢化社会という課題に直面する中、地方創生という地域の活力を維持・発展させる様々な取組が求められており、大きな変化が訪れています。本校も開校から3年目を迎え「地域、社会全体に貢献度の高い学校づくりを推進し、地域産業、福祉を担う有為な人材を輩出する」という建学の精神を改めて確認し、地域に愛着と誇りを持ち、志を持って地域を担う人材の育成が期待されています。
 このような中、本校は、農業、工業、福祉、総合学科の4学科を設置しており各専門学科では高度な専門的知識や技術を身につけるための施設設備を備え、高度な資格取得へチャレンジしています。一方、自らの進路や興味関心に応じて科目を選択し、多様な学習を行える総合学科では学校の情報発信を行うアンテナショップである「味来堂」の開設を始め地域との連携を深めた特色ある取り組みを進めています。また、高校生による小・中学校への出前授業など 地域の「知と技術」の拠点としての機能もより一層充実してきています。
 佐伯豊南高校は、開校3年目の新しい学校ではありますが、ここで学ぶ全ての生徒はこれから始まる本校の歴史を一人ひとりが自覚し、本校で夢を見つけそれを実現しようとする活力に満ちあふれています。どうか、これからも佐伯豊南高校の活動にご理解とご支援を頂きますようお願いします。
                      平成28年4月4日     
                      大分県立佐伯豊南高等学校 
                             校長 渡邉 一朗