全日
食農ビジネス科
|
工業技術科
|
福祉科
|
総合学科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 総合学科 豊南@ほ~むproject 鶴望祭にて

学校からのお知らせ

総合学科 豊南@ほ~むproject 鶴望祭にて
2015年11月16日

11月13日(金)・14日(土)の二日間、鶴岡・新豊南合同の文化祭『鶴望祭』が開催されました。総合学科では、「豊南@ほ~むproject」の一環として、「さいき本舗 城下堂」 副店長 佐藤さん(現豊南OB)、「たこ焼きちゃんきー」 店長 冨高さん(鶴岡OG)、「海べの市かまえインターパーク」 直販主任 塩月さん(鶴岡OB)らとともに、SHAプロジェクトで生まれたコラボ商品を中心に販売を行いました。数多くの地域の方々、近隣中学生、本校生徒・職員にご来店いただき、盛況のうちに完売御礼で販売を終えることができました。

総合学科SHAプロジェクトでは、さらに自分たちにできることから佐伯の未来を元気にしていきたいと思います。皆さんのご協力・ご助言の程よろしくお願い致します。

~豊南@ほ~むprojectとは~

大分県立新佐伯豊南高等学校は、現大分県立佐伯豊南高等学校(以下、現豊南)と大分県立佐伯鶴岡高等学校(以下、鶴岡)とを統合して2014年4月に鶴岡の校地に開校しました。本校の母体となる現豊南・鶴岡はとも2016年3月に閉校することになるわけですが、両校ともこれまで、現在も佐伯の地で第一線で活躍する方々を多く輩出してきました。

新佐伯豊南高等学校総合学科では、2015年より総合的な学習の一環として『SHAプロジェクト』と銘打ち、「佐伯のために今、私たちができること」を考え、活動してきました。そのなかで、「佐伯の活性化」「佐伯を元気に」と同じような思いを持つ先輩方と交流を持つ機会が自ずと増え、卒業生とのコラボ商品やイベントが多く生まれてきました。

『豊南@(あっと)ほ~むproject』は、本校生徒の活動である『SHAプロジェクト』と、同じような思いを持つ現豊南・鶴岡の先輩方と「佐伯のために今、私たちができること」を学科の枠を越え一緒に取り組むプロジェクトです。