全日
食農ビジネス科
|
工業技術科
|
福祉科
|
総合学科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 総合学科 「実践報告会」が実施されました

学校からのお知らせ

総合学科 「実践報告会」が実施されました
2016年03月24日

3月23日(水)、総合学科の1年間のまとめとして2年生「虹」の時間(総合的な学習の時間)SHAプロジェクト~佐伯~の「実践報告会」を実施しました。佐伯教育事務所、佐伯市役所をはじめ、ジョブカフェおおいた佐伯サテライト、大分大学・別府大学・別府溝部学園短期大学の先生方、これまでワークショップやインターンシップでお世話になった企業の方々、また地域や保護者方々にもお越しいただき、発表を見ていただくことができました。佐伯市内の中学校や鶴岡小学校の児童のみなさん、また30歳のメッセージに参加していただいた先輩方にもお越しいただきました。1年生の「産業社会と人間」の発表も含め、31ブースに分かれて、ポスターセッション形式を基本として、パワーポイントなども含め、工夫した方法で実践報告をおこないました。見に来ていただいた方の感想には、「佐伯のことを様々な視点で考えて、プレゼンされており、佐伯をアピールしたい気持ちが伝わりました。今後は全国や世界へどのように発信していくか考えてください。」や、「生徒一人ひとりがテーマを持って、社会人と関わり成長していっており、将来がとても楽しみです。」「佐伯も魅力を発信してくれる若者の自由な発想と、積極的な行動力は大きな力です。地元の大人たちの仕事のヒントになることも大いにあると思います。ぜひ毎年続けて欲しいです」と応援メッセージもいただきました。今回の報告会で、課題も見えてきました。次年度の「未来」の時間へもつなげていきたいと思います。この会を開催するにあたり、文部科学省 田村学視学官より心温まるお葉書もいただきました。関わっていただきました多くの方々に心から感謝申し上げます。