全日
食農ビジネス科
|
工業技術科
|
福祉科
|
総合学科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 総合学科3年 「未来」の時間でワークショップ開催!

学校からのお知らせ

総合学科3年 「未来」の時間でワークショップ開催!
2018年11月21日

11月20日(火)に、総合学科3年の「未来」の時間で、1グループ12名の生徒がワークショップでスイーツ作りにチャレンジしました。講師として参加してくださったのは、佐伯市地域おこし協力隊でパティシエの河野孝志さんです。生徒が作った作品へのアドバイスなどをしてもらいました。吉川結麻の「お芋のチーズケーキ」や、石井健太郎の「餃子の皮を使った芋スイーツ」、園田音々花の「お芋のマフィン」、高橋綾音の「芋あんの鯛焼き」、大岩菜乃花の「シュークリーム」、川野友香の「ブルーベリータルト」、柳井千翔の「芋けんぴ」など一人一人に丁寧なアドバイスをいただきました。シェフの手作りケーキを、ホールからカットする作業も見せていただき大変勉強になりました。この1年間に、校内外で河野シェフに指導していただいたのは4回目になります。河野シェフからは「回を重ねるごとに、完成度が高くなってきました!これは商品として販売できます!ぜひ完成させましょう!」と声をかけていただきました。後藤教頭も、一つ一つの作品を試食しアドバイスをしました!また、東江鈴菜の「甘酒パン」は、旧佐伯豊南高校総合学科2期生で、製菓衛生師の加藤綾先生に来ていただき、パンの焼き具合や販売の方法などについても指導をしていただきました。このグループは、「豊南味来堂」での販売を目指して商品開発をしています。今回は、「佐伯市民協働事業」で食農ビジネス科とコラボして作った「芋」を使っています。佐伯市役所担当の後藤臣飛さん(本校総合学科1期生)も今回の活動をサポートしてくれています。3年後藤遥香が「未来」の時間で企画している「芋スイーツコンテスト」へ繫げていきます。