全日
食農ビジネス科
|
工業技術科
|
福祉科
|
総合学科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 直川 正定寺で「佐伯 大自然 大茶会 ~お茶ガールズ~」開催!

学校からのお知らせ

直川 正定寺で「佐伯 大自然 大茶会 ~お茶ガールズ~」開催!
2018年11月19日

11月18日(日)に直川 正定寺で「佐伯 大自然 大茶会 ~お茶ガールズ~」が開催されました。国民文化祭の佐伯開催のメイン行事として、本校からも、茶道部・書道部・豊南味来堂の生徒30名が参加しました。茶道部の野点は、部長で総合学科2年の大谷春花さんをはじめ5名が参加。日頃の練習の成果を発揮して来場された方へお茶をふるまいました。書道部は、卒業生の亀井さくら(2期生)さんの作詞作曲した「菊姫ものがたり」の生演奏に合わせ「佐伯愛」を見事に書き上げました。総合学科2年で書道部部長の宮脇遥香は、「鶴城・大分南・大分高校の揮毫や墨絵師の西本祐貴さんの書道ガールズの絵に、心を奪われました!私たちもこれからもっともっと練習に励んで、皆さんに感動を与えられる作品をつくりたいです」と感想を述べました。留学生の龍之介も最後のパフォーマンスを楽しみました!ワークショップのコーナーでは、「缶バッジ・コースター・ポストカード」など、たくさんの方々に書道の体験をしてもらうことができました。豊南味来堂では、さいき本舗城下堂とともに、販売ブースを担当!総合学科3年丸山瑞喜・食農ビジネス科3年塩月美優・総合学科2年坂東来夢・泥谷葵音の4名がスタッフとして、フレッシュサイダー・真珠のアクセサリー(月の雫)や、本年度佐伯市民協働事業で、食農ビジネス科とコラボして育てた「べにはるか」を焼きいもにして販売しました。1期生の後藤臣飛さんも2期生の亀井さくらさんも販売に加わり、会場を盛り上げました。正定寺の小原住職をはじめ、会場にお越しいただいた皆様、実行委員の方々に心から感謝いたします。