全日
食農ビジネス科
|
工業技術科
|
福祉科
|
総合学科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 総合学科 「虹」の時間 B-1グランプリ十和田に行ってきた!

学校からのお知らせ

総合学科 「虹」の時間 B-1グランプリ十和田に行ってきた!
2015年10月05日

【B-1グランプリ】10月3、4日に青森県十和田市で開かれた『第10回 B-1グランプリ in 十和田』に総合学科2年小野桜、木下瑞貴の2名が、「佐伯ごまだしうどん大作戦」の皆さんと一緒に参加して来ました。飛行機と新幹線を乗り継ぎ、約10時間。やっとの思いで到着した十和田市は、歓迎ムード一色。長旅の疲れもすっかり吹き飛びました。 

爆弾低気圧通過後の悪天候の中ではありましたが、2日間でなんと33万人超が来場!
会場全体は、寒さを吹き飛ばすような熱気に包まれていました。

会場では、「佐伯ごまだしうどん大作戦」の皆さんと「オオイタケンサイキシヲゼンコクニヒロメヨ(大分県佐伯市を全国に広めよ)」を合い言葉に、佐伯ごまだしうどんの販売と佐伯市のPR活動を行いました。

小野・木下も「佐伯ごまだしダンス」や「書道パフォーマンス」を行うとともに、「あなたの願い事叶え鯛(=隊)」として豊後二見の大しめ縄に奉納する「願い事札」の代筆をし、佐伯のすばらしさをしっかりとPRしました。ブース手前にある風車とはがきの文字も彼女達の作品です。またブース装飾の一部には、本校総合学科1、2年生も協力した佐伯の海の絵が使われました。

短時間ではありましたが、地元の高校生や「十和田バラ焼きゼミナール」の畑中舌校長とも交流することができました。交流の記念に、2年生が作成した「KABOSUバッチ」を差し上げると大変喜んでいただけました。

「佐伯ごまだしうどん大作戦」の皆さん、貴重な機会を与えていただきありがとうございました。「B-1グランプリ」での活動を通して、「地元を愛し、誇りに思う気持ち」を再確認することができました。この経験を今後の「SHAプロジェクト~佐伯~」にも活かしていきます。