全日
食農ビジネス科
|
工業技術科
|
福祉科
|
総合学科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > ふれあい看護体験が行われました

学校からのお知らせ

ふれあい看護体験が行われました
2017年05月16日

5月12日(金)、南部保健所主催のふれあい看護体験に参加しました。看護師を希望する13名の生徒が長門記念病院、南海医療センター、西田病院、佐伯市健康増進課、佐伯市地域包括支援センターで体験実習を行いました。患者さんとのふれあいを通して看護師という職の素晴らしさを体験することができました。

 

<生徒の感想>

・血圧測定・酸素測定・足浴をさせてもらいました。「看護師の意味」「看護師と他の職との違い」「この道に進もうと思ったきっかけ」など沢山の貴重なお話と体験をさせていただき、看護師になりたいという気持ちが強くなりました。

・患者さんが「(看護服が)よく似合う」と言ってくれました。その言葉がとても嬉しかったです。測定が終わって「がんばれ」と言ってニコっとしてくれました。その時、強く看護師になりたいと思いました。

・看護体験をしてより看護師になりたいと思いました。とてもやりがいがあり、動き回って体力もいるし、大変な仕事ですが、人のために何かをするという、とてもすてきな仕事だと改めて認識できました。

・一人一人に看護師さんがついてくれました。血圧を計ったり、足を洗ったりしました。自分から話しかけたりすることがあまりできなかったので、もっとコミュニケーション能力をつけたいです。