全日
食農ビジネス科
|
工業技術科
|
福祉科
|
総合学科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 総合学科 トビタテ!JAPAN日本代表プログラム壮行会に参加しました!

学校からのお知らせ

総合学科 トビタテ!JAPAN日本代表プログラム壮行会に参加しました!
2016年06月13日

6月11日(土)に文部科学省が主催している「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の壮行会に、総合学科で書道部3年の小野桜が参加しました。この企画は、平成28年度官民協働海外派遣支援制度で、企業から約200億円の留学支援をしてもらい、グローバル社会で活躍する人材を育成するプログラムで、高校生部門は今年2期生となります。壮行会では、馳浩文部科学大臣から激励の言葉と、代表生徒4名の決意表明などがありました。その4人の言葉の中に、「未知の世界を感じて自分を高める」・「自ら考え発信する大切さ」・「世界で求められる人材の育成」・「夢が自分を強くし、世界を変える」などがあり、広い視野を持った意識の高い高校生たちと交流することもできました。グローバル社会とこれから必要なことには、やはり「現地へ必ず出向く」ということであると、この取り組みのプロジェクトディレクターである船橋力氏からもお話がありました。「SHAプロジェクト~佐伯~」の取り組みも、佐伯から世界への発信へと進化していきます。小野桜は、8月に中国へ留学予定です。北京・上海などで書道や水墨画など、昨年本校にきていただいた齋中和先生のところで学習を進めます。この留学プログラムは2020年まで継続予定と聞いています。後輩たちにもぜひ海外留学などをを目指してほしいと考えています。