全日
食農ビジネス科
|
工業技術科
|
福祉科
|
総合学科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 選挙制度に関する講話を聞きました!

学校からのお知らせ

選挙制度に関する講話を聞きました!
2016年05月26日

5月26日(木)3・4限に、佐伯市選挙管理委員会の方々をお招きして選挙に関する講話を実施しました。18歳選挙制度が開始され、7月に参議院議員選挙が予定されています。選挙のしくみや選挙違反などについて説明を聞き、権利を得るということは責任と義務を背負うことだと学びました。講話のあと、「投票日に18歳の誕生日を迎える場合、期日前投票ができますか?」など多くの質問が出ました。

投票の手順について説明を受けたあと、模擬選挙をおこないました。立候補役として3年生の後藤臣飛くん・松本明愛さん・寺嶋敏也くんがマニフェストを述べ、3年生は受付で投票用紙をもらってそれぞれ投票しました。実際に投票場の雰囲気を味わうことができ、貴重な体験ができました。

 

生徒の感想

・選挙に関してあまり関心がなかったけど、仕組みが分かって自分も18歳になったら必ず行こうと思いました。

・20代の投票率が30%台だということにびっくりしました。

・まだ自分たちには関係ないことだと思っていたけど、今日のお話を聞いて選挙に行くことの大切さがわかりました。

・選挙運動の違反のことを知らなかったので、講話を聞けて良かったです。

・私はまだ選挙に行く年齢ではないけれど、あと何年かしたら自分も参加することなので、今日講座を受けることができて良かったです。

・選挙についてあまり考えたことがなかったので、知れて良かったと思いました。

・選挙をする意味がわかったので良かったです。選挙権がもらえたら選挙に行こうと思いました。

・選挙投票の仕方や違反についてわかりました。もっと選挙に関心を持たないといけないと思った。

・正直、知らないことばかりです。まだ1年ではなく、あと1年という気持ちで調べていきたいです。