次代を担う人材の育成と大分県下を牽引する学校づくり

全日
普通科
全日
HOME > フォトギャラリー > 「戦没動員学徒慰霊の日」を前に慰霊碑の清掃が行われました

フォトギャラリー

「戦没動員学徒慰霊の日」を前に慰霊碑の清掃が行われました
2014年04月17日

  

 4月21日の「戦没動員学徒慰霊の日」を前に、4月17日(木)放課後、本校校門脇に立つ慰霊碑の清掃が生徒たちによって行われました。

 また、当日の終礼時に、各クラスにおいてHR担任から、慰霊碑について触れ、戦争の悲惨さや平和の尊さについて考える時間を持ちました。

慰霊 001(220x165) 慰霊 002(220x165) 慰霊 003(220x165)
 慰霊 004(220x165)  慰霊 005(220x163)  慰霊 006(220x161)
 慰霊 007(220x165)  慰霊 008(220x165)  慰霊 009(220x163)

<「戦没動員学徒慰霊の日」について> 

 昭和20年4月21日正午頃、大分市に米軍のB29による空襲があり、市民70~80名が犠牲になりました。(当時の軍の方針で全容は秘密にされていたため、正確な記録は不明。)この空襲により、現在の岩田町にあった海軍航空廠(しょう=工場)に学徒動員されていた大中2年生(大中61期生)18名が爆死し、大中の歴史の中で最大の悲劇とされています。

 昭和43年、同窓生らが各方面に呼びかけ、苦心の末に、校内に「戦没動員学徒慰霊像」が建てられ、現在も遺族の方がお参りを続けられています。