次代を担う人材の育成と大分県下を牽引する学校づくり

全日
普通科
全日
HOME > フォトギャラリー > 科学の甲子園県大会で最優秀・優良に輝き、2年連続で全国大会出場へ

フォトギャラリー

科学の甲子園県大会で最優秀・優良に輝き、2年連続で全国大会出場へ
2013年11月06日

 11月4日(月)に別府ビーコンプラザで開催された高校生が理科や数学などの知識と思考力をチームで競う「第3回科学の甲子園」大分県大会において、本校代表Aチーム(2年生チーム)は最優秀賞(第1位)に、Bチーム(1年生チーム)は優良賞(第3位)に輝きました。

 Aチームは、来年3月21日~24日に兵庫県で開催される全国大会に大分県代表として2年連続で出場します。

 

※「科学の甲子園」大分県大会とは

   チーム編成

    1・2年生6~8人でチームを編成。大分県内から16チーム、本校からは2チーム出場しました。

   競技内容

    ○筆記競技

     理科・数学・情報の中から、知識を問う問題、知識の活用について問う問題、その枠を超えた複合的な問題計12題を

     6人で協働して解答する。120分。

    ○実験競技

     理科にかかわる実験、観察。4人で協働して解答する。60分。

    ○総合競技

     理科・数学の知識を活用したサイエンスコミュニケーションゲーム。前半・後半にわかれ、各1名、30分。

 

<最優秀のトロフィーと楯>

 科学 01 科学 02 科学 03 

<校長室での報告会の様子>

科学 04 科学 05 科学 06
科学 07 科学 08 科学 09