次代を担う人材の育成と大分県下を牽引する学校づくり

全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 最後の大学入試センター試験が行われました

学校からのお知らせ

最後の大学入試センター試験が行われました
2020年01月20日

【最後の大学入試センター試験が行われました】

 1月18日(土)・19日(日)の2日間、大分大学にて、3年生が大学入試センター試験に挑みました。

 天気は、2日間、朝は肌寒い感じでしたが、日中は晴れたり、曇ったりとそれほど寒くなく、1日目は地理歴史・公民、国語、英語(筆記・リスニング)の試験が、2日目に理科基礎、数学(ⅠA・ⅡB)、理科の試験が行われました。

 試験前には、生徒たちは担当教科の先生のところへ行き、最終チェックをしたり、パワーをもらおうと握手したりする場面も見られました。

 3年生は、月曜日に自己採点を行ったのち、二次試験に向けての準備を始めます。火曜日からは、二次試験対策の講座が始まります。週末には、センター試験の自己採点の結果を受けて、受験校を決めていきます。志望校合格を目指し、3年生、ラストスパートです。

 これで「大学入試センター試験」という試験は終わり、来年度からは「大学入学共通テスト」と名称も変わり、思考力などを問う問題が増えてくるということです。1・2年生もいろいろ準備が大変でしょうか、しっかり取り組んでいきましょう。

<大分大学での受験の様子>