次代を担う人材の育成と大分県下を牽引する学校づくり

全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 最後のセンター試験の壮行会が開かれる

学校からのお知らせ

最後のセンター試験の壮行会が開かれる
2020年01月17日

【最後のセンター試験の壮行会が開かれる】

 1月17日(金)4限、本校の世紀館において、1月18日(土)・19日(日)の2日間で行われる最後のセンター試験(来年度から「大学入学共通テスト」に変わる)に向けての壮行会が開かれました。

 校長先生は出張中ではありましたが、ビデオメッセージで生徒たちに激励を贈られました。そして、進路指導主任から試験上の注意事項、学年主任から激励の言葉が述べられました。 続いて、PTAの方から激励の言葉と激励の品として、保護者からのメッセージ入り2日分の「必勝合格」の使い捨てカイロが贈呈されました。

 また、生徒会からは、1・2年生の「激励のメッセージボード」(事前に教室に掲示)が各クラスに、72期の学年テーマ「union72 ~団結力で果敢に挑む72期~]が刻まれた「鉛筆」が3年生全員に贈呈されました。

  そして最後に、センター試験で最高の得点がでるよう、伝統の「天突き」を全員で行いました。掛け声の下、大きな声と共に高く天を突き上げ、明日からの試験の必勝を誓い合いました。

 今日は、原則終礼後帰宅、遅くとも16:30までには下校することとしています。万全の体調で明日のセンター試験に臨んでほしいと思います。明日は、「地理歴史・公民」「国語」「英語」の教科が実施されます。

3年生のみんな、明日・明後日の2日間、これまでやってきたことを自信に、自己最高点目指して頑張るぞ~!