次代を担う人材の育成と大分県下を牽引する学校づくり

全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 令和3年度GS成果発表会が行われました

学校からのお知らせ

令和3年度GS成果発表会が行われました
2022年01月25日

 1月25日(火)5~7限を利用して、1・2年生対象の「GS成果発表会」が実施されました。当初、ホルトホールで実施する予定にしていましたが、コロナウイルス感染拡大の状況より、発表者はホルトホールにて、生徒は学校でZoom形式で発表を聞くという形で実施されました。

 まず、生徒代表堅田さん(2年)の挨拶があり、続いて姫野校長が挨拶をされたのち、大分大学理事・副学長の藤井弘也教授をはじめ、来賓の方々の紹介とご挨拶がありました。

R4GS成果発表会2年 (1) R4GS成果発表会2年 (7) R4GS成果発表会2年 (9)

 1年生は、「大分からの探究」をテーマに各クラス10人1班となり、「福祉・教育・健康」「技術革新・働き方・経済倫理」「生きもの・水・生態系」「公正・平和・パートナーシップ」の4分野に分かれて研究を行い、各分野の学年代表がプレゼンテーションを行いました。各分野の研究テーマは以下の通りです。

  福祉・教育・健康分野      「高校の存在と地域活性化」

  技術革新・働き方・経済倫理分野 「大分のPR法~廃トンネルを活用した大分の活性化計画~」

  生きもの・水・生態系分野    「ダムって無駄なん?」

  公正・平和・パートナーシップ分野「竹細工をバズらせるには?~竹を用いて地元の伝統工芸品を盛り上げる」

 また、1年生の発表のあとに大空プロジェクトの報告(2年生中心)を報告がありました。

 2年生は、「大分から世界へ」をテーマに、クラスの壁を取っ払い、12のグループに分かれて、学問分野別課題研究を行いました。今回は、「人文学探究」「工学機械・電気系(ハード)探究」の2つのグループがプレゼンテーションを行いました。「人文学探究」のみ、英語でプレゼンテーションを行いました。各分野の研究テーマは以下の通りです。

  人文学探究「文学作品とジェンダー平等 ~男女平等社会の形成を目指して~」

  工学機械・電気系(ハード)探究「体内ドローンの可能性」

〇ホルトホールでの発表の様子

R4GS成果発表会ホルト (19) R4GS成果発表会ホルト (15) R4GS成果発表会ホルト (7)
R4GS成果発表会ホルト (17) R4GS成果発表会ホルト (1) R4GS成果発表会ホルト (21)

 発表後の質疑応答では、多くの質問が各発表者になされ、活発な意見交換がなされました。そして、閉会行事として生徒感想発表、大分大学理事・副学長藤井弘也教授の講評をいただきました。各発表の興味深いところを丁寧に評価して下さり、高校生独自の視点や発想を褒めてくださいました。1年、2年と段階を踏んでGS活動に取り組んでいくことが大切だとお言葉を頂きました。

〇2年生の様子

R4GS成果発表会2年 (22) R4GS成果発表会2年 (31) R4GS成果発表会2年 (15)
R4GS成果発表会2年 (20) R4GS成果発表会2年 (41) R4GS成果発表会2年 (35)
R4GS成果発表会2年 (57) R4GS成果発表会2年 (51) R4GS成果発表会2年 (46)

〇1年生の様子

R3.12.25 GS成果発表会 (9) R3.12.25 GS成果発表会 (8) R3.12.25 GS成果発表会 (3)
R3.12.25 GS成果発表会 (17) R3.12.25 GS成果発表会 (18) R3.12.25 GS成果発表会 (20)
R3.12.25 GS成果発表会 (1) R3.12.25 GS成果発表会 (6) R3.12.25 GS成果発表会 (15)