次代を担う人材の育成と大分県下を牽引する学校づくり

全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > APU国際学生との課題研究【1年生・第3回】が行われました。

学校からのお知らせ

APU国際学生との課題研究【1年生・第3回】が行われました。
2017年11月24日

11月22日(水)SGH課題研究Ⅰの3回目の授業を蛍雪ホールと大会議室で行いました。

 本日の内容は、「タトゥーのタブー」というテーマについて、APUの国際学生たちとディスカッションを行いました。普段あまりなじみのない話題であるが、様々な意見が生徒達の口からでてきていました。日本であまり良い印象を持たれなく、暴力の象徴として思われがちなタトゥーに対しても、ファッションとして受け入れられるべきだと考えている人も多く、興味深い意見交換だったと感じました。

 「温泉等でタトゥーを入れた方の入浴を制限する」ことについても議論がなされるなど、APUの学生とのディスカッションが非常に盛り上がっていました。海外の学生の様々な視点からの意見は、生徒にとって大変貴重なものとなりました

次回4回目の来校は、12月20日(水)を予定しています。