次代を担う人材の育成と大分県下を牽引する学校づくり

全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 平成30年度 第2回防災避難訓練が行われました

学校からのお知らせ

平成30年度 第2回防災避難訓練が行われました
2018年11月30日

【平成30年度 第2回防災避難訓練が行われました】

 11月30日(金)、今年度第2回目の防災避難訓練が行われました。今回の訓練は大分大学の減災・復興デザイン教育研究センター・防災コーディネーターの板井幸則先生を「防災教育アドバイザー」としてお招きし準備段階からご指導をいただき実施しました。 

 訓練では、建物倒壊の大きな地震(震度6以上)を想定し、地震発生時の身を守る行動をとるとともに、揺れがおさまった後に「落ちない、倒れてこない、移動してこない」安全な場所へ迅速に避難する能力を身につけ、火災現場を回避しながら安全に避難しするとともに、水消火器を使用し、初期消火を行う能力を身につけることを目的とするものです。

 「押さない」「走らない」「しゃべらない」「戻らない」を注意しながら、集合目標完了時間を各学年とも守り、消火器訓練も代表生徒が説明し、実際に使用してみました。

 防災教育アドバイザーの方からは、「消火器の説明・使用訓練は大変よかった」「次の行動をとどうするか」「訓練のための訓練ではだめで常に実際を意識した行動が必要」という点や「避難行動は静かに落ち着いて避難できていたが、実際はパニックになる場合もあるので、誘導が大事」とのアドバイスをいただきました。

 ご指摘いただいた点を課題を一つずつでもクリアしていくように、研修や研鑽に努めていきます。