次代を担う人材の育成と大分県下を牽引する学校づくり

全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 平成29年度 第2学期終業式 校長式辞を掲載しました

学校からのお知らせ

平成29年度 第2学期終業式 校長式辞を掲載しました
2017年12月22日

【平成29年度 第2学期終業式 校長式辞を掲載しました】 

                    詳細はこちらから → < 2学期終業式 式辞   >

                           Discover OITA 3                                       

  Today I will tell you about Kazumasa Yoshimaru who has a noble spirit. He was the leading songwriter in Japan during the Meiji era. He made lots of beautiful lyrics for songs such as”Sousyunfu””Kokyo-wo Hanaruru-uta”.

He was born in Usuki City in 1873. He was a particularly intelligent child, and his grades were excellent. He wanted to study more and more. Even though his family was extremely poor, his father wanted him to have a higher education. In 1889 he enrolled in Oita Junior High school which is now Oita Uenogaoka high school. After graduating, he went on to senior High school and Tokyo Imperial University.

In 1909 he became a professor at Tokyo Music University and wrote many songs for children.

What make him great is not only his many famous lyrics but also the fact that he supported many students who were born in poor families. He founded a night junior high school and gave many students the chance to study for free. He was great! Don’t you think so?

This statue was donated by Mr.and Mrs.Yoshino living in Hong Kong, and was made by professor Sawaki of Oita University. I think it looks elegant and expresses Yoshimaru’s grace that is part of our school motto.

 本校の校訓は実力と気品とたくましさだ。今日は気品のある先輩吉丸一昌氏を紹介する。

彼は日本を代表する作詞家である。「早春賦」、「故郷を離るるうた」など多くの作品が今なお歌い継がれている。

彼は1873年臼杵に生まれた。小学校での成績が大変良かったので、家庭は貧しかったが、父に頼んで大分中学(上野丘高校)へと進学した。吉丸は荷揚町の太田さん方に下宿しており、土曜日に臼杵に帰り日曜日再び大分に来るという生活を5年間続けた。往復は徒歩であった。大分中学でも成績が良かったので、奨学金を得て熊本の第五高等学校、そして東京帝国大学へと進んだ。東京大学では文学を専攻し、卒業後東京の中学の先生や東京音楽学校の教授となった。その後、小学校で習う歌の作詞を担当し、多くの名作を残している。

しかし、吉丸のすごさは、作詞だけではない。彼は貧しさ故に中学に行けない子供たちを集めて、夜間中学を設立した。また、自分の家に学生を住まわせて面倒をみている。自分が貧しくて勉学に苦労したことから、貧しい若者に学問の機会を提供しようと思ったのである。彼のもとで学んだ多くの学生がその後社会で活躍している。彼のこの態度こそ本校の校訓のひとつ「気品」に通ずるものである。世紀館の近くに吉丸一昌氏のブロンズ像がある。大分大学の佐脇健一教授の作品であり、香港在住の吉野夫妻の寄贈によるものだ。本校の校訓である気品を象徴していると思う。