全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 初任者研修に係る研究授業を行いました!

学校からのお知らせ

初任者研修に係る研究授業を行いました!
2018年07月10日

7月10日火曜日の4限に1年4組で現代文「水の東西」を題材とした研究授業が坂本教諭により行われました。

この授業で、坂本教諭は目標として「文章の内容を叙述に即して的確に読み取ったり、必要に応じて要約や詳述をしたりしようとする(読む能力)」を掲げ、生徒に問いを投げかけて行きます。発問は『「日本の噴水が表情に乏しいのである」とは、どういうことか。伝統という言葉を使って説明せよ』。音読の後、50字で要約しペアで確認させます。

坂本教諭は、紙に予め文字を書いたkeywordを黒板に貼っていきます。プチKP法です。ペアワークでは、黒板にタイマーで活動時間を示し、時間内での解答を心がけさせていきます。

机間巡視の間は、生徒のつぶやきにも耳を傾け、一つずつ丁寧に言葉を返していたのが印象的でした。授業の最後に、「自己評価」と「感想」を記入して授業を終えます。大分鶴崎高校の授業改善スクールプランに沿い、「考える課題」を提示し、課題解決のための活動を設定し、生徒の自己評価を行った典型的な授業・・・効果的にICTを活用し、生徒の理解を深めさせる授業でした。一生懸命に取り組む、ひたむきで実直な姿に自分自身を振り返りさせられました。本年度はあと4回の研究授業を通して研修を行う予定です。