全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 防災避難訓練を行いました!

学校からのお知らせ

防災避難訓練を行いました!
2018年05月15日

5月15日火曜日に本年度第1回目となる防災避難訓練を実施しました。大分鶴崎高校では、近い将来に起こるとされている南海トラフ地震に備えるために、本年度から予告なしの抜き打ち訓練を実施しました。訓練の目的は、「どんな状況でも全校生徒が迅速、かつ正確に避難行動をとることができるか」「防災本部の指示及び、職員間の連携を図ることができるか」を確認しました。

11時に「只今、地震が発生しました。余震が続きます。各教室で授業を受けている生徒は、授業担当の指示に指示に従いなさい」と校内緊急放送が入りました。生徒は、一斉に「ドロップ」「カバー」「ホールド・オン」の体勢をとり机に下へ身を入れます。

続いて体育館前の駐車場に集合して、一斉に点呼。

 

確認を終えると、校長から「津波警報が発令された」とのアナウンスで指定された避難場所へ避難しました。

教室棟及び特別棟4階への避難を確認して訓練は終了。全員体育館に集合して訓練の振り返りを行いました。

まずは生徒指導主任の山本先生より、抜き打ち訓練の意義と必要性の説明がありました。続いて、大分大学減災・復興デザイン研究センターの板井幸則さんの講評がありました。講評の中で「災害に遭ったら命を守ること。訓練に勝る備えはないこと。先生はどのような行動を生徒が取れば良いか声を出し指示をすること。」などの指摘がありました。今回の訓練の経験をさらに深化させて「命を守る」行動を身に付けていきます。

6月22日金曜日の7限目には板井さんをお招きして「防災講演会」を開催予定です。