全日
商業科
|
国際経済科
|
情報処理科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 商業教育フェア

学校からのお知らせ

商業教育フェア
2017年02月08日

2月7日(火)、午前中のビジネスセミナー成果発表会につづいて、商業教育フェアが開催されました。

商業教育フェアは、1年間、商業科の授業や実習等の成果を発表するもので、今年度で4回目となります。

発表に先立っての校長先生より、インターンシップなどで受け入れていただいた企業の皆様に謝辞を述べた後、「このフェアは、取り組みの成果を全校生徒で共有し、実習等で受け入れていただいた企業の方に披露するための行事です。短い時間ですが、一人ひとりが発表を通じて何か一つでも学びましょう」と挨拶がなされました。

---------------------------------------------------------

次いで、3年生の進行役より大分商業高校の概要説明がなされた後、生徒の進行に従って1年生から順に発表がありました。

発表は次の通りです。

① 1年生のジョブシャドウイング(職場見学会) 

② 2年生のインターンシップ(就業体験学習)

③ 2年生の大商青春市場(文化祭での販売実習)

④ 商業調査部の活動報告(大分の商品を使った商品開発、SNSを中心とした商店街の賑わい創出活動)

⑤ 3年生の課題研究発表

  ・なるほどアイデアコンテスト最優秀賞受賞作品

  (情報処理科 地元のPRをコンセプトに開発したオリジナルゼリー「原尻の滝」の開発と販売) 

  ・楽天IT学校

  (商業科 楽天株式会社とホテルソラージュ大分・日出より講師を招聘して取り組んだ宿泊プランの開発)

  ・大商マルシェ(月1回の販売実習を振り返ってのパネルディスカッション)

⑥ 三年間の学びと進路実現(3年生進学者・就職者代表による高校生活を振り返ってのスピーチ)

  2名が、「簡易オムツ」の作成や「札勘」も披露してくれ、結びとして後輩に次のようなアドバイスを送りました。

 「元々就職希望だったが、日商簿記2級や、課題研究の商品開発を通じて、進学を目指すようになった。一つ一つの取

 り組みは、一見無意味に見えても自分の可能性を広げることに繋がるので、少しでも興味があれば積極的に挑戦して

 ください」

 「内定に向けて勉強、資格の取得、新聞購読、企業研究など色々な取り組みをしました。面接で使うことのない知識の

 方が多かったかも知れないが、その知識が自信となり胸を張って笑顔で試験に臨むことができ、成功につながったのです。」

--------------------------------------------------------

最後の講評では、県教育庁指導主事の先生が「本日の発表された取り組みは、どれも将来役に立つものばかりでした。

来年も今年を上回る素晴らしい発表をしてくれるものと楽しみにしています」とエールを送ってくれました。